2022年6月中旬 金星と天王星が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月上旬から中旬ごろ、明け方の東の低空で、金星と天王星が大接近する。最接近は6月12日ごろ。

星図

6月上旬から中旬ごろ、明け方の東の低空で、明けの明星の金星と天王星が大接近して見える。

最接近は6月12日ごろで、2度未満まで近づき、前後数日間は双眼鏡の同一視野で見ることができる。金星を目印にして天王星を見つけるチャンスだ。金星のほうが圧倒的に明るく、等級差が約10等(光度差が約7600倍)もあるため、金星を視野から外したほうが天王星を見やすいかもしれない。日の出1時間前の高度が約10度とかなり低いので、東の空が開けたところで空が明るくなる前に探してみよう。