Location:

12月の星空

星座早見
クリックで解説と拡大星図のページへ

今月一番の注目は、おうし座やぎょしゃ座といった冬の星座の中を通り過ぎていくウィルタネン彗星。3〜4等級まで明るくなる見込みなので、ぜひ見たり撮ったりしてみよう。とくに16日前後にはプレアデス星団と並び、双眼鏡の同一視野内に見えるので楽しみだ。23日ごろにはカペラに大接近、満月のタイミングながらこちらも注目しよう。

次の注目は14〜15日の夜にピークを迎えるふたご座流星群。月が沈む深夜以降にとくに好条件となる。防寒の準備をしっかりとして星空を見上げよう。運が良ければウィルタネン彗星の近くに流れ星が飛ぶかもしれない。

さらに、火星と海王星の大接近くじら座の変光星ミラの極大、明け方の空では4日に細い月と接近する金星水星と木星の大接近など、面白い天文現象がいっぱいある。慌ただしい時期だが、うまく計画を立てて観察してみよう。もちろん、ペルセウス座やオリオン座などの星座巡りもお楽しみに。

  • □
    最新情報は月刊「星ナビ」で! 読み物やギャラリーも充実
  • □
    本と映像、シミュレーションソフトで1年間の星空を徹底解説!

特集

話題の天文現象などを解説

□ウィルタネン彗星

おうし座を北上中、4等台

□部分日食

1月6日の午前中、全国で見られます

□初日の出と新年の夜明け空

年越しの星空から細い月と明けの明星、そして初日の出へ

□火星

みずがめ座を横断中。宵の南西の空で目立ちます

過去の特集一覧へ

天文学 はじめの一歩

□天文の基礎知識

これだけはおぼえておきたい!
基本的な天文用語と、天体の種類

□メシエ天体ガイド

星雲・星団といえばメシエ天体。全110個を解説

暦・シミュレーション

日の出・日の入り
日の出・日の入り、月の出・月の入り、惑星の出没時刻などを計算できます。
月齢カレンダー
月齢とともにカレンダーを表示します。天体観測の計画にお役立てください。
彗星軌道ビュアー
小惑星軌道ビュアー
彗星/小惑星の軌道要素を入力すると、軌道をJAVAアプレットで表示します。

天体観察・観測入門

天体観察や撮影の入門記事

□惑星を撮影しよう 2018

惑星をCMOSカメラで動画撮影し、ステライメージ8で美しく仕上げる

□デジタル一眼 天体写真入門

PCソフトで撮影&処理。明るい場所でもできる星雲・星団撮影を初歩から解説

□双眼鏡の使い方

これから天体観察を始めたい方におすすめです

□流星観測のすすめ

流星を記録に残す、4つの方法

□太陽投影板を使った太陽観測

学校でできる、安全な観測方法