2020年1月21日 細い月と火星が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月21日の未明から明け方、南東の低空で細い月と火星が大接近する。アンタレスも近い。

星図

1月21日の未明から明け方、南東の低空で月齢26の細い月と火星が大接近して見える。

火星はアンタレスと並んでおり、赤い2つの星のそばに細い月が寄り添うという面白い光景となる。肉眼や双眼鏡で眺めたり、写真に収めたりしてみよう。次回の接近は2月19日

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。