AstroArts Topics

火星

火星探査機インサイト、掘削を断念

2021/01/21
火星表面に着陸して約2年調査を続けている探査機インサイトは、プローブで地下数mまで掘り進める計画だったが、土壌の特性が予想外だったため掘削作業を断念することになった。

2021年1月中旬 火星と天王星が大接近

2021/01/20
1月中旬から下旬ごろ、夕方から深夜の西の空で、火星と天王星が大接近する。最接近は1月20日ごろ。

2021年1月21日 月と火星が接近

2021/01/14
1月21日の夕方から22日の未明、西の空で月と火星が接近する。

火星で大規模な砂嵐発生中

2020/11/20
11月13日ごろから、火星で大規模な砂嵐が発生している。現在地球から遠ざかりつつある火星だが、刻一刻と表情を変える様子が観測者たちの注目を集めている。

44億年前の火星を温暖にした、水と巨大隕石衝突

2020/11/10
約44億年前の火星隕石の分析から、この時代の火星にすでに液体の水が大量に存在し、さらに巨大隕石の衝突によって温室効果が引き起こされていた証拠が見つかった。

2020年10月29日 月と火星が接近

2020/10/22
10月29日の宵から30日の未明、月と火星が接近する。

公式ブログ:幻のアストロアーツ望遠鏡で火星観望!

連載・読み物
2020/10/16
“準”大接近中の火星、もう眺めましたか?最接近日の10月6日、近所の川べりに幻のAstroArtsブランド屈折望遠鏡を持ち出し、雲間の火星を観望してきました。

2020年10月15日 火星がうお座で衝

2020/10/08
10月15日、火星がうお座で衝となる。

火星南極の地下湖、再観測でも確認

2020/10/05
2018年に探査機マーズエクスプレスがとらえていた火星の地下湖らしき地形が、さらなる観測で再び確認された。実在すれば、液体の水が火星で見つかるのは初めてだ。

2020年10月6日 火星と地球が最接近

2020/09/29
10月6日、火星と地球が約6200万kmの距離まで最接近する。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

2020年10月3日 月と火星が接近

2020/09/25
10月3日の宵から4日の明け方、月と火星が接近する。

公式ブログ:星ナビ編集部からの挑戦!火星接近クイズ

連載・読み物
2020/09/15
星ナビ10月号の特集「大きく明るい火星」から火星にまつわるクイズを出題。星ナビを読んで目指せ火星マスター!

2020年9月6日 月と火星が接近

2020/08/28
9月6日の深夜から7日の明け方、東から南の空で月と火星が接近する。

日本惑星協会「火星観測週間2020」キャンペーン実施中、観測証を発行

2020/08/06
10月6日に地球と最接近する火星を多くの方に見て知ってもらおうと、日本惑星協会が「火星観測週間」キャンペーンを実施中だ。火星を見た報告をすると「観測証」PDFが発行される。

NASAの火星探査車「パーサビアランス」、打ち上げ成功

2020/07/31
日本時間7月30日夜、NASAの火星探査車「パーサビアランス」が米・フロリダ州ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられた。

2020年8月9日 月と火星が接近

2020/07/31
8月9日の深夜から10日の明け方、南東の空で月と火星が接近する。

中国の火星探査機「天問1号」、打ち上げ成功

2020/07/27
7月23日、中国の火星探査機「天問1号」が打ち上げられた。来年2月ごろに火星到着の予定だ。

H-IIAロケット打ち上げ成功、火星探査機HOPE搭載

2020/07/20
7月20日の朝、アラブ首長国連邦の火星探査機「HOPE」を搭載したH-IIAロケット42号機が種子島宇宙センターから打ち上げられた。

2020年7月下旬 明け方の空に全惑星が見える

2020/07/17
7月中旬から下旬にかけて、明け方の空で、水星から海王星まで全惑星を見ることができる。

2020年7月12日 月と火星が接近

2020/07/03
7月12日の未明から明け方、東南東から南東の空で月と火星が接近する。