2022年5月27日 細い月と金星が接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月27日の未明から明け方、東の低空で細い月と金星が接近する。

星図

5月27日の未明から明け方、東の低空で月齢26の細い月と金星が接近して見える。

地球照を伴った幻想的な細い月と金星の共演は、数ある月と惑星の接近の中でも随一の美しさで、早起きする価値のある現象だ。日の出1時間前の高度が約15度と低いので、東の空が開けたところで肉眼や双眼鏡で眺めたり、写真に収めたりしてみよう。月と金星の右上のほうで火星と木星が大接近している光景も目を引く。月と金星の次回の共演は6月26日

2022年2~6月の、明け方の惑星集合の様子

また、13時ごろから14時ごろにかけて、沖縄などで細い月が金星を隠す金星食が見られる。

YouTubeライブ「【鹿児島から生放送】金星食の限界線(2022年5月27日未明~昼ごろ)~月の出、月と金星の接近、金星食~」(27日3時~)