2022年5月27日 金星食

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月27日の13時ごろから14時ごろ、細い月が金星を隠す金星食が起こり沖縄などで見られる。

星図

5月27日の13時ごろから14時ごろ、月齢26の細い月が金星を隠す金星食が起こり、鹿児島県南部~沖縄県、小笠原などで見られる。日本で金星食が見られるのは昨年11月8日以来となる。

那覇の場合、13時9分ごろに金星が月の明るい縁に潜入し始め、約1分後にすっかり月に隠される。その後、14時10分ごろに金星が月の暗い縁から出現し始め、約1分後に月の裏から完全に抜け出して食が終わる。潜入と出現の時刻や月の縁のどこに出入りするかは観察場所によって異なるので、シミュレーションなどで事前によく確かめておこう。

金星の潜入・出現位置と時刻
金星の潜入(第1接触=潜入開始)・出現(第4接触=出現終了)の位置と時刻(図は上が天の北)。潜入・出現には約1分ずつかかる。金星の見かけの大きさは月の約1/130で、半月状に欠けて見える

月も金星も明るい天体ではあるが、日中の現象なので肉眼で見るのはかなり難しい。太陽に気を付けながら、双眼鏡や天体望遠鏡で観察しよう。

YouTubeライブ「【鹿児島から生放送】金星食の限界線(2022年5月27日未明~昼ごろ)~月の出、月と金星の接近、金星食~」(27日3時~)

YouTubeライブ「金星食まであと1週間!ステラナビゲータLiteで「予現」&ゆる雑談回」(※配信のアーカイブ)