2020年12月13日 細い月と金星が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月13日の未明から明け方、東南東から南東の低空で細い月と金星が大接近する。

星図

12月13日の未明から明け方、東南東から南東の低空で月齢28の非常に細い月と金星が大接近して見える。

地球照を伴った幻想的な細い月と金星の共演は、数ある月と惑星の接近の中でも随一の美しさだ。とくに今回は間隔が1度未満と非常に近づくので、いっそう印象的な光景となる。肉眼や双眼鏡だけでなく、天体望遠鏡でも観察してみたい。ズームアップしての写真撮影も面白いだろう。日の出30分前の高度が15度ほどと低いので、東南東の空が開けたところで観察しよう。次回の共演は来年1月12日。

関連商品

太陽系の8惑星と太陽、月、冥王星の立体ジグソーパズルと専用フレームのセット。何度でも楽しめる仕掛けが楽しい大人の惑星パズル。

タグ