2020年6月8日 月と木星が接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月8日の深夜から9日の明け方、南東から南の空で月と木星が接近する。土星も近い。

星図

6月8日の深夜から9日の明け方、南東から南の空で月齢17の月と木星が接近して見える。

約1か月後に衝を迎える木星はマイナス2.6等級で輝いており、明るい月と並んでも存在感がある。肉眼や双眼鏡で接近の様子を眺めるだけでなく、天体望遠鏡でも月と木星を観察したい。また、月と木星の左には土星もあり、視野7度の双眼鏡で3天体を同時に見ることができる。いろいろな方法で月と惑星の共演を観察して楽しもう。月と木星の次回の接近は7月5日から6日、月と土星の次回の接近は7月6日から7日。