2022年5月中旬 火星と海王星が大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
5月中旬から下旬ごろ、未明から明け方の東南東の低空で、火星と海王星が大接近する。最接近は5月18日ごろ。

星図

5月中旬から下旬ごろ、未明から明け方の東南東の低空で、火星と海王星が大接近して見える。

最接近は5月18日ごろで、1度未満まで近づき、前後数日間は双眼鏡の同一視野で見ることができる。火星を目印にして海王星を見つけるチャンスだ。とはいえ、海王星は約8等級と暗く、低空でもあるので見やすいというわけではない。火星や周りの星との位置関係を丁寧に確かめながら探してみよう。