2021年11月上旬 ケレスとアルデバランが大接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月中旬から11月中旬にかけて、準惑星ケレスとアルデバランが大接近する。最接近は11月3日ごろ。ヒヤデス星団との最接近は14日ごろ。

星図

11月上旬ごろ、準惑星ケレスとおうし座の1等星アルデバランが大接近して見える。

最接近は11月3日ごろで、0.2度(満月の見かけ直径の半分未満)まで近づく。8月下旬ごろから11月下旬ごろまで天体の間隔が5度以内となり、双眼鏡の同一視野内で見ることができる。アルデバランを目印にしてケレスを見つける好機だ。ケレスが7等台まで明るくなる10月中旬以降がとくに見やすいだろう。アルデバランの付近に広がるヒヤデス星団の星々の間をケレスが移動していく様子も面白いので観察や撮影をしてみよう。ケレスは今月28日に衝を迎える。