Player Oneの太陽撮影用アダプター、紫外線フィルター、撮影補助フィルターが新発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトロンジャパンは、Player One Astronomy社製の太陽撮影用のユニークなアダプター、紫外線フィルター、撮影補助フィルターを3月19日に発売する。

【2024年3月16日 星ナビ編集部

サイトロンジャパンが、中国蘇州に拠点を置く天体観測機器メーカーPlayer One Astronomy社製のアクセサリー3点「ソーラー・ファストチルター」、「フォトスフィア7.5nmフィルター31.7mm」、「UVenus フィルター31.7mm」を3月19日に発売。いずれも取り扱いは、天体望遠鏡専門店とサイトロンジャパン直営店のみ。

ソーラー・ファストチルターは、カメラの傾き(チルト)をすばやく大きく変えることができる太陽撮影用のユニークなアダプター。フォトスフィア 7.5nmフィルター31.7mmは、可視光線で太陽面を撮影する際に粒状斑や黒点のコントラストを高めることができる。UVenusフィルター31.7mmは、紫外線のみを通過させることで金星大気の模様を鮮明に写すことができる。

ソーラー・ファストチルター、フォトスフィア7.5nmフィルター 31.7mm、UVenusフィルター31.7mm
ソーラー・ファストチルター、フォトスフィア7.5nmフィルター 31.7mm、UVenusフィルター31.7mm(提供:株式会社サイトロンジャパン、以下同)

■ 発売概要
  • ブランド名:Player One
  • 希望小売価格:全てオープン価格
  • 商品名:ソーラー・ファストチルター
  • 予想市場価格:税込23,000円前後(※)
  • 商品名:フォトスフィア 7.5nmフィルター 31.7mm
  • 予想市場価格:税込20,000円前後(※)
  • 商品名:UVenus フィルター 31.7mm
  • 予想市場価格:税込35,000円前後(※)
  • 発売日:3月19日(火) (※予想市場価格は、サイトロンジャパンによる予想価格であり、実売価格とは異なる)
ソーラー・ファストチルター
  • カメラと望遠鏡の間に接続し、カメラの角度(チルト)をすばやく、大きく変えることができる太陽撮影用のユニークなアダプター。
  • カメラを傾けて光軸のスケアリングを意図的にずらすことによって、Hα太陽望遠鏡で太陽を撮影する際に発生するニュートンリング(干渉縞)の影響を抑え、画像のクオリティを向上させる。
  • ±9°傾けることができるため、さまざまな光学系で有効に使用できる。
  • 可動部分には光漏れを防ぐ遮光スポンジが装着されている。

ソーラー・ファストチルター

■主な仕様
  • 本体厚み:15mm
  • 光路長:40mm
  • アダプター:31.7mm 差し込み、31.7mm スリーブ
  • 本体ネジ:両側 M42×P0.75mm メス
  • 質量:約 120g
フォトスフィア 7.5nmフィルター31.7mm
  • 可視光線で太陽面を撮影する際に、粒状構造や黒点のコントラストを上げることのできる撮影補助フィルター。使用する際は、必ず太陽用の減光フィルターと併用のこと。
  • 540nmをピークに半値幅7.5nmの特性を持つ。

フォトスフィア7.5nmフィルター31.7mm

■主な仕様
  • サイズ:外径31.7mm×高さ7.5mm(うちネジ部分 2.5mm)
  • ネジ:M28.5×P0.6mm
  • フィルター厚み:1.85mm
  • 特性:半値幅 7.5nm 中心波長 540nm
  • 波面誤差:1/4λ
  • 透過率:約97%
  • 光学濃度:OD4
UVenusフィルター31.7
  • 320nm~380nmの紫外線のみを通過させるフィルター。金星の分厚い雲は紫外線の反射率が高いため、このフィルターを使用することで金星大気の模様を鮮明に写すことができる。

UVenusフィルター31.7

■主な仕様
  • サイズ:外径 31.7mm×高さ 7.5mm(うちネジ部分 2.5mm)
  • ネジ:M28.5×P0.6mm
  • フィルター厚み:1.85mm
  • 特性:半値幅 7.5nm 中心波長 540nm
  • 波面誤差:1/4λ
  • 透過率:約97%
  • 光学濃度:OD4

関連商品

天体の発する主要4輝線である、Hα、Hβ、OIII、SII付近の波長域を通過させ、それ以外の波長域をカットする干渉フィルター。都市部での星雲撮影に威力を発揮。

関連記事