AstroArts Topics

流星

【特集】ふたご座流星群(2018年)

2018/12/14
12月14日深夜から15日明け方にかけてが一番の見ごろです。ウィルタネン彗星との共演も見られるかもしれません。寒さ対策を万全に、安全やマナーに気をつけて、ぜひ夜空を見上げてみてください。

2018年12月23日 こぐま座流星群が極大

2018/12/14
12月23日、こぐま座流星群の活動が極大となる。満月が明るく、流れ星はほとんど見えないかもしれない。

2018年12月14日 ふたご座流星群が極大

2018/12/07
12月14日、ふたご座流星群の活動が極大となる。14日深夜から15日明け方が一番の見ごろだ。

2018年11月18日 しし座流星群が極大

2018/11/09
11月18日、しし座流星群の活動が極大となる。18日未明から明け方が一番の見ごろだが出現数は少ない。

2018年11月上旬 おうし座南・おうし座北流星群が極大

2018/11/02
11月上旬から中旬ごろ、おうし座南・おうし座北流星群の活動が見られる。空の条件の良いところでも1時間あたり10個ほどの小規模な流星群だが、明るい火球の割合が高めなので目にできれば印象的だ。

2018年10月22日 オリオン座流星群が極大

2018/10/15
10月22日、オリオン座流星群の活動が極大となる。満月前の月明かりの影響が大きいため、出現数は少ないとみられる。

活発な出現が観測された10月りゅう座流星群

2018/10/12
10月8日23時30分ごろ(世界時)、10月りゅう座流星群が活発に出現し、1時間あたり数十個から100個近くの流星が観測された。アイスランドで観測した佐藤幹哉さんからの報告をお伝えしよう。

2018年10月9日 10月りゅう座流星群が極大

2018/10/01
10月9日、10月りゅう座流星群の活動が極大となる。月明かりの影響はないが、活動が低調なので、出現数は空の条件の良いところでも1時間に数個程度となりそうだ。

2018年8月13日 ペルセウス座流星群が極大

2018/08/06
8月13日、ペルセウス座流星群の活動が極大となる。月明かりの影響がまったくない好条件で、12日深夜から13日明け方にかけて1時間あたり30~50個程度の流れ星が見られそうだ。

【特集】ペルセウス座流星群(2018年)

2018/07/13
8月13日未明から明け方が一番の見ごろ。月明かりのない好条件で見ることができます。安全やマナーに気をつけて、ぜひ夜空を見上げてみましょう。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

2018年5月6日 みずがめ座η流星群が極大

2018/04/25
5月6日、みずがめ座η流星群の活動が極大となる。6日と7日の未明から明け方が見ごろだが、月明かりの影響が大きく、空の条件の良いところでも1時間に5個程度となりそうだ。

2018年4月23日 4月こと座流星群が極大

2018/04/16
4月23日の未明から明け方、4月こと座流星群の活動が極大となる。空が暗いところで1時間あたり10個程度の流れ星が見られそうだ。

2018年1月4日 しぶんぎ座流星群が極大

2017/12/28
1月4日の明け方、しぶんぎ座流星群の活動が極大となる。月明かりの影響が大きく、空の条件が良いところでも4日未明に1時間あたり10個程度の流れ星になりそうだ。

流星が地球大気で爆発するときの振る舞いをシミュレーションで再現

2017/12/18
流星が地球大気に突入し爆発する際の様子がシミュレーションで再現され、2013年のチェリャビンスク事象の詳細なプロセスが明らかになった。大気が衝突天体から地球を守ってくれていることがよくわかる成果だ。

2017年12月23日 こぐま座流星群が極大

2017/12/15
12月23日、こぐま座流星群の活動が極大となる。出現数は1時間あたり数個の小規模な流星群だ。

2017年12月14日 ふたご座流星群が極大

2017/12/07
12月14日、ふたご座流星群の活動が極大となる。月明かりの影響が小さい好条件で、13日宵から14日明け方、および14日宵から15日明け方にかけて1時間あたり30~50個程度の流れ星が見られそうだ。

【特集】ふたご座流星群(2017年)

2017/11/15
12月13日から15日にかけての2夜が一番の見ごろです。ピークは日中ですが、夜間は月明かりの影響が小さく好条件です。寒さ対策を万全に、安全やマナーに気をつけて、ぜひ夜空を見上げてみてください。

2017年11月18日 しし座流星群が極大

2017/11/10
11月18日、しし座流星群の活動が極大となる。18日未明から明け方が一番の見ごろだが出現数は1時間あたり5個程度の予想だ。

2017年10月21日 オリオン座流星群が極大

2017/10/13
10月21日、オリオン座流星群の活動が極大となる。21日深夜から22日明け方が一番の見ごろで、1時間あたり15個程度の出現予想だ。

2017年8月13日 ペルセウス座流星群が極大

2017/08/07
8月13日、ペルセウス座流星群の活動が極大となる。満月過ぎの月明かりがあり条件は良くないが、12日深夜から13日明け方にかけて1時間あたり10~20個程度の流れ星が見られそうだ。