AstroArts Topics

連載・読み物

【特集】アポロ11号月着陸50周年(2019年7月21日)

2019/07/04
アポロ11号が人類初の月着陸を成し遂げてから50年。星ナビ付録やステラナビゲータで偉業を振り返ってみましょう。

こだわり天文書評『ヤバい宇宙図鑑』『古代の星空を読み解く』など9冊

2019/06/20
金井三男さんによる『ヤバい宇宙図鑑』『時間のすべて』など4冊のレビューと、星ナビ2019年6月号「ほんナビ」の『古代の星空を読み解く』『火星の遺跡』など5冊のレビューを公開。

こだわり天文書評『ヒトはなぜ宇宙に魅かれるのか』『絵でわかる宇宙地球科学』など9冊

2019/05/20
金井三男さんによる『野尻抱影伝』『ヒトはなぜ宇宙に魅かれるのか』など3冊のレビューと、星ナビ2019年5月号「ほんナビ」の『絵でわかる宇宙地球科学』『SF映画で最新科学がわかる本』など6冊のレビューを公開。

こだわり天文書評『宇宙はなぜブラックホールを造ったのか』『ねえねえはかせ、月のうさぎは何さいなの?』など7冊

2019/04/22
金井三男さんによる『中国の宇宙開発』『宇宙はなぜブラックホールを造ったのか』など3冊のレビューと、星ナビ2019年4月号「ほんナビ」の『月のサイエンス』『ねえねえはかせ、月のうさぎは何さいなの?』など4冊のレビューを公開。

こだわり天文書評『月着陸船開発物語』『歌を作ろう!』など9冊

2019/03/20
金井三男さんによる『月着陸船開発物語』『科学の社会史』など4冊のレビューと、星ナビ2019年3月号「ほんナビ」の『歌を作ろう!』『宇宙・天文で働く』など5冊のレビューを公開。

本日発売、天文部青春小説『流星コーリング』

2019/03/06
人工流星と青春が交錯する天文部小説『流星コーリング』が本日3月6日に発売される。

『星よりも、遠くへ』プラネタリウムの星空が語る震災の夜

2019/03/04
東日本大震災を伝えるプラネタリウム番組『星空とともに』を経て、第二章となる新番組『星よりも、遠くへ』が制作されました。この2月から各地で投映が行われています。

QBPフィルターを使って都会で星雲を撮る

2019/02/25
光害のある都市部でも、星雲の輝線のみを選択的に透過するバンドパスフィルターを使えば天体写真を撮ることができる。そんな夢のような撮影&画像処理法を、「星ナビ」でもおなじみの根本泰人さんがサイトロンジャパンの講習会で披露した。

こだわり天文書評『ガンマ線バースト』『星空を届けたい』など12冊

2019/02/20
金井三男さんによる『古代の星空を読み解く』『ガンマ線バースト』など7冊のレビューと、星ナビ2019年2月号「ほんナビ」の『星空を届けたい』『せつない夜空のはなし』など5冊のレビューを公開。

アームストロング船長を描いた映画『ファースト・マン』

2019/02/05
アポロ11号による人類初の月面着陸から50年の節目となる今年、本格宇宙映画のファン期待の『ファースト・マン』が、2月8日に全国公開される。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

こだわり天文書評『ホーキング博士 人類と宇宙の未来地図』『図解 宇宙のかたち』など7冊

2019/01/22
金井三男さんによる『ぷらべん 88歳の星空案内人 河原郁夫』『ホーキング博士 人類と宇宙の未来地図』など3冊のレビューと、星ナビ2019年1月号「ほんナビ」の『図解 宇宙のかたち』『天文学者に素朴な疑問をぶつけたら宇宙科学の最先端までわかったはなし』など5冊のレビューを公開。

こだわり天文書評『科学の迷信』『ロケットガールの誕生』など8冊

2018/12/20
金井三男さんによる『科学の迷信』『フーコーの振り子に魅せられて』など3冊のレビューと、星ナビ2018年12月号「ほんナビ」の『宇宙旅行入門』『ロケットガールの誕生』など5冊のレビューを公開。

熊本県民天文台、新しい望遠鏡でまた一歩

2018/12/19
2016年4月14日の熊本地震前震で望遠鏡が倒壊した熊本県民天文台。多くの支援を受けて新しい望遠鏡の導入が実現した。

こだわり天文書評『宇宙はどこまで行けるか』『ホーキング、最後に語る』など9冊

2018/11/20
金井三男さんによる『宇宙はどこまで行けるか』『図解 宇宙のかたち』など3冊のレビューと、星ナビ2018年11月号「ほんナビ」の『ホーキング、最後に語る』『天の川が消える日』など6冊のレビューを公開。

「シュミット」がサイトロンのショールームと合流

2018/11/13
11月3日、望遠鏡ショップ「シュミット」が新宿区西落合に移転してリニューアルオープンした。新店舗はサイトロンジャパン本社ビルの1Fで、同社のショールームと同じフロアだ。

サイトロンジャパンが名古屋にショールームをオープン

2018/10/30
名古屋市内の駅徒歩圏内の天文ショップ・スコーピオと同じビルに、サイトロンジャパンが国内3か所目となるショールームをオープンした。

「デジタル一眼 天体写真入門 星雲・星団を撮影しよう」更新

2018/10/24
星雲・星団撮影の初歩から画像処理までを解説した特集ページを更新。機器の接続、撮影のポイント、画像処理の具体例などを加えてさらにわかりやすくなりました。

10月23日は明治改元から150年!「星ナビ」で学ぶ「天文学の明治維新」

2018/10/22
今年2018年は明治維新から150年目にあたります。「星ナビ」10月号・11月号では特集「天文学の明治維新」で、維新前後で大きく変わった日本の天文学の世界を、元帝京平成大学教授の中村士さんに解説していただきました。

こだわり天文書評『星の文学館』『一瞬の宇宙』など8冊

2018/10/22
金井三男さんによる『日本近代科学史』『星の文学館』など3冊のレビューと、星ナビ2018年10月号「ほんナビ」の『一瞬の宇宙』『世界でいちばん素敵な雲の教室』など5冊のレビューを公開。

こだわり天文書評『宇宙の「果て」になにがあるのか』『微隕石探索図鑑』など9冊

2018/09/20
金井三男さんによる『宇宙の「果て」になにがあるのか』『宇宙逆立ちコマが実現したら』など3冊のレビューと、星ナビ2018年9月号「ほんナビ」の『天空の地図』『微隕石探索図鑑』など6冊のレビューを公開。