AstroArts Topics

天文現象

2017年8月28日 伝統的七夕

2017/08/21
旧暦にもとづいた七夕は「伝統的七夕(旧七夕)」と呼ばれ、今年は遅めの8月28日。夏の大三角や天の川を見上げよう。

2017年8月25日 細い月と木星が接近

2017/08/18
8月25日の夕方から宵、月齢4の細い月と木星が接近して見える。

投稿画像ギャラリー:流星、星雲星団など44枚

2017/08/18
ペルセウス座流星群の流星、彗星、星雲星団など。

2017年8月22日 皆既日食(北米方面)

2017/08/15
日本時間8月22日の未明から明け方、北アメリカの広い範囲で見られる皆既日食が起こる。

投稿画像ギャラリー:流星など58枚

2017/08/14
ペルセウス座流星群の流星、土星、彗星など。

2017年8月19日 細い月と金星が接近

2017/08/10
8月19日の未明から明け方、東の低空で月齢26の細い月と金星が接近して見える。

投稿画像ギャラリー:月食など53枚

2017/08/09
8日の部分月食、土星など。

2017年8月13日 ペルセウス座流星群が極大

2017/08/07
8月13日、ペルセウス座流星群の活動が極大となる。満月過ぎの月明かりがあり条件は良くないが、12日深夜から13日明け方にかけて1時間あたり10~20個程度の流れ星が見られそうだ。

投稿画像ギャラリー:月、星雲など43枚

2017/08/04
月、土星、C/2017 O1彗星、星雲など。

2017年8月8日 部分月食

2017/08/01
8月8日の未明から明け方、部分月食が起こる。最大食は3時20分ごろで月の直径の約4分の1が欠ける。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

投稿画像ギャラリー:土星など45枚

2017/08/01
土星、28日のポリマ食、散光星雲、天の川など。

2017年8月3日 月と土星が接近

2017/07/27
8月3日の夕方から4日の未明、月齢11の月と土星が接近して見える。

2017年7月30日 みずがめ座δ南流星群が極大

2017/07/26
7月30日、みずがめ座δ南流星群の活動が極大となる。他の流星群の活動も重なり、未明から明け方に1時間あたり10個程度の出現予想だ。

投稿画像ギャラリー:水星食など48枚

2017/07/26
25日夕方の水星食など。

2017年8月の現象ガイド

2017/07/25
主な現象/8日未明:部分月食/12~13日:ペルセウス座流星群ピーク/22日未明:アメリカ横断皆既日食/28日:伝統的七夕

2017年7月30日 水星が東方最大離角

2017/07/24
7月30日、夕方の西の低空に見える水星が、太陽から最も離れて東方最大離角となる。

アメリカ横断皆既日食まであと1か月「日食当日に向け万全の準備を」

2017/07/21
「アメリカ横断皆既日食」まで残り1か月。観測に行く方はそろそろ機材を決め観測計画を立てよう。計画に無理がないかを確認し、日食タイムテーブルにどう対応するか、イメージトレーニングや予行演習を繰り返すことが、日食当日の失敗を防ぐ方法だ。とくに、今回が初皆既日食という人は入念に準備してほしい。

2017年7月28日 ポリマ食

2017/07/21
7月28日の宵のころ、月齢5の月がおとめ座の3等星ポリマを隠す恒星食が近畿以東で起こる。

投稿画像ギャラリー:月と金星など42枚

2017/07/21
細い月と金星の接近、星雲など。

【特集】ペルセウス座流星群(2017年)

2017/07/20
8月12日深夜から13日明け方が一番の見ごろ。月が明るいため目にできる流星数は少なくなりそうですが、明るい流れ星に期待しましょう。安全やマナーに気をつけて、ぜひ夜空を見上げてみてください。