AstroArts Topics

天文現象

2020年8月2日 月と土星が接近

2020/07/27
8月2日の夕方から3日の未明、月と土星が接近する。

2020年8月の星空ガイド

2020/07/22
主な現象/金星(未明~明け方)、火星(深夜~明け方)、木星・土星(夕方~未明)/2~3日:月と土星が接近/9~10日:月と火星が接近/12~13日:ペルセウス座流星群が極大/16日:細い月と金星が接近/25日:伝統的七夕/29~30日:月と土星が接近

天体写真ギャラリー:ネオワイズ彗星、惑星など75枚

2020/07/22
ネオワイズ彗星(C/2020 F3)、火星、木星、土星など。

2020年7月23日 水星が西方最大離角

2020/07/20
7月23日、明け方の東北東の低空に見えている水星が太陽から最も離れて西方最大離角となる。

天体写真ギャラリー:ネオワイズ彗星など135枚

2020/07/20
ネオワイズ彗星(C/2020 F3)など。

2020年7月下旬 明け方の空に全惑星が見える

2020/07/17
7月中旬から下旬にかけて、明け方の空で、水星から海王星まで全惑星を見ることができる。

2020年7月21日 土星がいて座で衝

2020/07/14
7月21日、土星がいて座で衝となる。

天体写真ギャラリー:ネオワイズ彗星など76枚

2020/07/13
ネオワイズ彗星(C/2020 F3)など。

【特集】ペルセウス座流星群(2020年)

2020/07/10
一番の見ごろとなる8月12日深夜から13日未明には少し月明かりの影響がありますが、空の条件が良いところで1時間あたり30個ほど流れ星が飛ぶと期待されます。安全やマナーに気をつけて、ぜひ星空を見上げ、流れ星を待ってみましょう。

2020年7月17日 細い月と金星が並ぶ

2020/07/10
7月17日の未明から明け方、東の空で細い月と金星が並ぶ。アルデバランも近い。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

2020年7月中旬 金星とアルデバランが大接近

2020/07/09
7月中旬ごろ、未明から明け方の東の低空で、金星とアルデバランが大接近する。最接近は7月12日ごろ。

2020年7月14日 木星がいて座で衝

2020/07/07
7月14日、木星がいて座で衝となる。

天体写真ギャラリー:ネオワイズ彗星など69枚

2020/07/06
ネオワイズ彗星(C/2020 F3)、木星など。

2020年7月12日 月と火星が接近

2020/07/03
7月12日の未明から明け方、東南東から南東の空で月と火星が接近する。

2020年7月6日 月と土星が接近

2020/06/30
7月6日の宵から7日の明け方、月と土星が接近する。

天体写真ギャラリー:レモン彗星など68枚

2020/06/29
部分日食、レモン彗星(C/2019 U6)、散光星雲など。

2020年7月5日 月と木星が接近

2020/06/26
7月5日の宵から6日の明け方、月と木星が接近する。

2020年7月 レモン彗星が6等前後

2020/06/26
2020年6月から7月にかけて、レモン彗星(C/2019 U6)が6等前後まで明るくなると予想されている。夕方から宵の西の空に見える。

2020年7月 ネオワイズ彗星が3等前後

2020/06/26
2020年7月ごろ、ネオワイズ彗星(C/2020 F3)が3等前後まで明るくなると予想されている。中旬以降に夕方から宵の北西の空に見える。

2020年7月の星空ガイド

2020/06/24
主な現象/金星・火星(未明~明け方)、木星・土星(夕方~明け方)、ネオワイズ彗星(夕方~宵)/5~6日:月と木星が接近/6~7日:月と土星が接近/7日:七夕/中旬:金星とアルデバラン、ヒヤデス星団が大接近/12日:月と火星が接近/14日:木星が衝/17日:細い月と金星が並ぶ/下旬:明け方に全惑星が見える/21日:土星が衝/23日:水星が東方最大離角