AstroArts Topics

天文現象

2019年12月23日 こぐま座流星群が極大

2019/12/16
12月23日、こぐま座流星群の活動が極大となる。月明かりの影響はほぼないが、小規模な流星群のため数は少ない。

2019年12月23日 細い月と火星が接近

2019/12/16
12月23日の未明から明け方、東南東から南東の低空で細い月と火星が接近する。

2019年12月15日 ふたご座流星群が極大

2019/12/13
12月15日、ふたご座流星群の活動が極大となる。12月14日宵から15日の明け方が一番の見ごろだが、月明かりの影響が大きいため数は少なめとみられる。

天体写真ギャラリー:金星と土星の接近など63枚

2019/12/12
金星と土星の接近、月、彗星など。

天体写真ギャラリー:ボリソフ彗星など95枚

2019/12/09
パンスターズ彗星(C/2017 T2)ボリソフ彗星(2I)、ハート星雲、カリフォルニア星雲など。

2019年12月中旬 金星と土星が大接近

2019/12/06
12月中旬ごろ、夕方から宵の南西の低空で、金星と土星が大接近する。最接近は12月11日ごろ。

天体写真ギャラリー:月面Xなど72枚

2019/12/05
12月4日の月面X、ボリソフ彗星(2I)、散光星雲など。

【特集】初日の出と新年の夜明け空(2020年)

2019/12/02
一年の始まりを告げる「初日の出」。早起きして新年への思いを新たにしましょう。冬の星座から春の星座へと移り変わる夜明け空にも注目です。

天体写真ギャラリー:月と惑星の集合など77枚

2019/12/02
11月28~30日の細い月と金星木星土星、パンスターズ彗星(C/2017 T2)など。

天体写真ギャラリー:プレアデス星団など59枚

2019/11/29
プレアデス星団、散光星雲、さんかく座銀河など。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

【特集】部分日食(2019年12月26日)

2019/11/26
年の瀬の12月26日、昼2時過ぎごろから夕方16時半ごろにかけて、日本全国で部分日食が見られます。太陽の高度が低く、東日本では欠けた状態で太陽が沈みます。時刻と高度、観察や撮影の場所を事前にチェックしておくことがポイントです。

15年周期の食変光星ペルセウス座γ星が減光期間中

2019/11/25
14.6年周期の食変光星ペルセウス座γ星がちょうど減光期間中だ。目に見えてはっきりわかるほど暗いわけではないが、貴重な機会なので注目したい。

2019年12月の星空ガイド

2019/11/25
主な現象/金星(夕方~宵)、火星(明け方)、土星(夕方)/11日ごろ:夕空で金星と土星が大接近/14~15日:ふたご座流星群/23日:細い月と火星が接近/26日昼過ぎ~夕方:部分日食/29日:細い月と金星が接近

2019年11月28日 水星が西方最大離角

2019/11/25
11月28日、明け方の東南東の低空に見えている水星が太陽から最も離れて西方最大離角となる。

天体写真ギャラリー:金星と木星の接近、プレアデス星団など87枚

2019/11/25
金星と木星の接近、彗星、プレアデス星団、散光星雲など。

2019年11月29日 細い月と金星が並ぶ

2019/11/22
11月29日の夕方から宵、南西の低空で細い月と金星が並んで見える。

観測成功!小惑星アルタエアによる恒星食

2019/11/21
14日深夜に起こった小惑星アルタエアによるおうし座γ星の食では、多数の観測成果が得られた。対象星が3.8等と極めて明るく、今後の解析でも新たな成果が期待される。

2019年11月28日 細い月と木星が接近、金星も並ぶ

2019/11/21
11月28日の夕方、南西の低空で細い月と木星が接近する。金星も近くに並んでいる。

天体写真ギャラリー:オーロラ、銀河など61枚

2019/11/21
オーロラ、彗星、銀河など。

2019年11月下旬 金星と木星が大接近

2019/11/20
11月下旬ごろ、夕方の南西の低空で金星と木星が大接近して見える。最接近は11月24日ごろ。