2020年1月11日 半影月食

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月11日の未明から明け方、半影月食が起こる。

星図

今年は日本から月食が3回見られるが、いずれも地球の影のうち半影と呼ばれる薄い部分に月が隠される半影月食だ。その1回目が1月11日の未明から明け方にかけて起こる。食の始まりは2時8分ごろ、食の最大は4時10分ごろ、終わりは6時12分ごろで、どれも全国共通である。

半影月食では、眼視で月の明るさの変化をとらえるのは難しいが、比較的見やすい欠け始めから食の最大のころまでを中心に、注意深く月の明るさを追ってみよう。露出を一定にして撮影して見比べると、明るさの変化がわかりやすいだろう。次回の半影月食は6月6日

月食時の月の高度と、薄明開始時刻、月没時刻

現象 時刻 札幌 仙台 東京 大阪 福岡 那覇
半影食の始まり 2:07.8 52.6 54.4 55.9 59.6 64.0 67.7
食の最大 4:10.0 31.2 31.2 31.9 35.3 39.4 41.1
半影食の終わり 6:12.3 10.2 8.8 8.7 11.6 15.2 15.3
薄明開始時刻 5:24 5:20 5:21 5:36 5:55 5:57
月没時刻 7:20 7:07 7:04 7:19 7:37 7:31

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。