AstroArts Topics

StellaNavigator

小惑星リュウグウを「ステラドームプロ」と「ステラナビゲータ11」で3D表示

2019/07/01
日本プラネタリウム協議会(JPA)は、小惑星リュウグウの3Dモデルデータを各社のデジタルプラタリウムでの投影用に公開しました。アストロアーツでは、デジタルプラネタリウム「ステラドームプロ」での対応はもちろん、JPAのご厚意により天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ11」でも3Dシミュレーションができるアップデータを公開しました。

火星大接近緊急対応「ステラナビゲータ10」の機能追加アップデータを公開

2018/07/02
天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ10」は、10.0kアップデータによって、地球に大接近している火星をさらに楽しめる機能が追加されました。太古の昔から人々を惹きつける赤い惑星、火星の大接近をシミュレーションでもお楽しみください。

PCで星空を楽しむソフト「ステラナビゲータ10」の10.0jアップデータを公開

2018/04/24
天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ10」の10.0jアップデータを公開しました。天体データの更新や操作性の改善のほか、ユーザーの皆様にお寄せいただいたご意見を反映して多数の修正を行っています。

小惑星探査機「オシリス・レックス」を観測しよう

2017/09/07
小惑星探査機「オシリス・レックス」は、9月23日の地球スイングバイに向けての軌道修正を8月23日に行いました。天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ10」用に、この最新の軌道に更新する10.0iアップデータを公開しています。地上からも見えると期待されている「オシリス・レックス」の観測にご活用ください。

ステラナビゲータ10が高解像度(高DPI)ディスプレイに対応/10.0hアップデータ公開

2017/07/26
ステラナビゲータ10の10.0hアップデータを無償公開しました。高解像度(高DPI)ディスプレイに対応したほか、対応する天体望遠鏡の充実や天体データの更新など多数の項目が改良されています。

「ステラナビゲータ10」10.0gアップデータ公開、うるう秒対応や不具合修正など

2016/09/26
天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ10」の10.0gアップデータを公開しました。2017年1月1日のうるう秒に対応したほか、位置推算や印刷機能などの不具合が修正されています。

「ステラナビゲータ10」の10.0fアップデータ公開、タカハシTemma2Z他に対応

2016/06/01
天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ10」の10.0fアップデータを公開しました。新たにタカハシTemma2ZおよびiOptron AZ Mount Proの望遠鏡制御に対応しています。

「ステラナビゲータ10」アップグレードキャンペーン実施 ビデオマニュアルをプレゼント

2016/02/16
春の新入学・進級のシーズンに合わせ、天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ10」へのアップグレードをお申し込みいただいた方全員に「ステラナビゲータ10 ビデオマニュアル」をプレゼントするキャンペーンを実施します。

「はやぶさ2」のスイングバイ直前、「ステラナビゲータ10」の10.0eアップデータを緊急公開

2015/12/01
明日に迫った「はやぶさ2」のスイングバイを前に、11月26日に行われた軌道修正後の「はやぶさ2」の位置を正確にシミュレーションするため、天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ10」のアップデータを緊急公開しました。

探査機「はやぶさ2」のスイングバイをステラナビゲータでシミュレーションしよう

2015/10/30
小惑星探査機「はやぶさ2」は、その打ち上げからちょうど1年となる2015年12月3日に、地球に接近してスイングバイを行います。アストロアーツでは、これに先だってステラナビゲータ10用の「はやぶさ2・シミュレーションパック」を無償公開しました。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ10」10.0cアップデータ公開 「はやぶさ2」追加

2015/07/15
天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ10」の10.0cアップデータを無償公開しました。「はやぶさ2」をはじめとする探査機の追加・更新や、新しい天体望遠鏡への対応の他、さまざまな改善や不具合修正を行っています。

天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ10」が10.0bにアップデート

2014/11/25
天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ10」の10.0bアップデータを無償公開しました。2014年7月に公開した10.0aでの機能追加や修正に加えて、その後の機能修正によりさらに快適にお使いいただけるようになります。