天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ12」12.0cアップデータ公開 機能や動作速度の向上、不具合対応など

このエントリーをはてなブックマークに追加
天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ12」12.0cアップデータを無償公開しました。

【2023年5月31日 アストロアーツ

「ステラナビゲータ12」12.0cアップデータでは、天体データの更新や天体の検索を大幅に高速化しました。また、ご利用いただいている方からの要望をうけて、星雲・星団の番号による検索機能を追加しました。

他にも、画面解像度によって表示がずれる問題の解消、星雲・星団に関する情報の更新、タカハシ製の一部望遠鏡の制御ができないなどの問題の修正などを行い、また安定性も向上しています。

詳しくはステラナビゲータ12「アップデータページ」をご参照ください。


ステラナビゲータについて

「ステラナビゲータ12」は、今夜の星空や星座、惑星の様子はもちろん、過去から未来までの20万年間に起こるあらゆる天文現象をリアルに再現できる、Windows用天文シミュレーションソフトウェアです。

星空のシミュレーションだけでなく、四季の星座や神話を紹介するプラネタリウム番組、おすすめの天文現象の情報をインターネットから取得してお知らせする機能、天体望遠鏡のコントロールなど、天文・宇宙を楽しむための多彩な機能が搭載されています。

ステラナビゲータ12による星図
ステラナビゲータ12を使って夏の星雲・星団を探訪。画像クリックで表示拡大

関連商品

金井三男さんが独自の視点で天文現象を語りステラナビゲータでの再現手順を紹介した、ステラナビゲータ活用集。

関連記事