AstroArts Topics

天文現象

投稿画像ギャラリー:オリオン座流星群、天王星とケレスなど42枚

2016/10/25
オリオン座流星群、国際宇宙ステーションの光跡、天王星とケレス、小惑星スガノ、惑星状星雲のスペクトルなど。

2016年10月下旬 金星と土星が接近

2016/10/24
10月下旬、夕方の南西の低空で金星と土星が接近して見える。最接近は30日ごろ。

2016年10月25日 ケレスがくじら座で衝

2016/10/20
宵のころ南東の空に見えているくじら座に位置する準惑星ケレスが、10月25日に衝となる。明るさは約7等級で、双眼鏡や小型の望遠鏡で見つけられる。

投稿画像ギャラリー:魔女の横顔星雲など32枚

2016/10/20
月、カノープス、魔女の横顔星雲など。

投稿画像ギャラリー:十三夜の月、アクションカメラによる星空など62枚

2016/10/17
十三夜の月、天王星、アクションカメラで撮影した星空など。

2016年10月21日 オリオン座流星群が極大

2016/10/14
10月21日、オリオン座流星群の活動が極大となる。21日の未明から明け方、もしくは22日の未明から明け方が一番の観察チャンスとなるが、下弦前の月が夜空を照らしているため流れ星は見えにくい。空の条件の良いところでも1時間あたり10個未満程度だろう。

投稿画像ギャラリー:グリーンフラッシュ、水星と木星など45枚

2016/10/13
北海道で撮影されたグリーンフラッシュ、明け方の水星と木星、うお座の銀河M74など。

2016年10月16日 天王星がうお座で衝

2016/10/12
宵のころ南東の空に見えているうお座に位置する天王星が、10月16日に衝となる。明るさは約6等級で、双眼鏡を使えば比較的簡単に見つけられる。

投稿画像ギャラリー:ジョンソン彗星、アンドロメダ座大銀河など50枚

2016/10/11
月、ジョンソン彗星、アンドロメダ座大銀河、カリフォルニア星雲など。

投稿画像ギャラリー:火球、夕空の金星など36枚

2016/10/07
10月6日宵の火球、夕空の金星、冬の大三角、小惑星ファエトンなど。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

2016年10月中旬 水星と木星が大接近

2016/10/05
10月中旬、明け方の東の低空で水星と木星が大接近して見える。最接近は12日ごろ。

投稿画像ギャラリー:火星など36枚

2016/10/03
小さくなった火星、変光星はくちょう座χ、北アメリカ星雲など。

2016年10月6日 月と土星が接近

2016/09/29
10月6日の夕方から宵、南西の空のやや低いところで月齢5の月と土星が接近して見える。

2016年10月4日 細い月と金星が並ぶ

2016/09/27
10月4日の夕方から宵、南西の低空で月齢3の細い月と金星が並んで見える。

2016年10月の現象ガイド

2016/09/26
主な現象/4日:細い月と金星が並ぶ/6日:月と土星が接近/16日:天王星がうお座で衝/25日:ケレスがくじら座で衝

投稿画像ギャラリー:天宮2号など37枚

2016/09/26
球状星団の組写真、天宮2号の光跡、火星・土星・アンタレスなど。

2016年9月29日 水星が西方最大離角

2016/09/21
9月下旬、明け方の東の低空に見えている水星が、29日に太陽から最も離れて西方最大離角となる。明け方に見える水星としては今年もっとも条件が良いので、見晴らしの良いところで双眼鏡で探してみよう。

投稿画像ギャラリー:半影月食など41枚

2016/09/20
17日未明の半影月食など。

投稿画像ギャラリー:中秋の名月など47枚

2016/09/16
中秋の名月、アンドロメダ座大銀河の横を流れた流れ星など。

2016年9月中旬 長周期変光星はくちょう座χ星が極大

2016/09/12
9月中旬ごろ、約410日周期で明るさが変わる変光星のはくちょう座χ星が極大光度になるとみられている。3~4等級になれば肉眼でも見えるだろう。