AstroArts Topics

天文現象

天体写真ギャラリー:日食など111枚

2020/06/22
部分日食、木星、土星、散光星雲など。

ソニー「星空フォトコンテスト2020」開催

ソニーマーケティングが星、天体を主題としたフォトコンテストを開催。今年はアストロアーツ特別賞も設けられている。応募期間は10月18日まで。
PR

【特集】明けの明星 金星(2020年 夏~冬)

2020/06/15
2020年の7月ごろから12月ごろまで、明けの明星の金星が見ごろです。夜明けの東の空で輝く様子はよく目立ちます。時おり細い月と並ぶ光景は、とくに美しい眺めです。肉眼や双眼鏡で見たり、撮影したりしてみましょう。

天体写真ギャラリー:惑星、星雲など90枚

2020/06/15
火星、木星、土星、天の川、星雲など。

2020年6月21日 部分日食(アフリカ~インド、中国、台湾で金環日食)

2020/06/12
6月21日の夕方、全国で部分日食が見られる。アフリカ~インド、中国、台湾では金環日食が見られる。

2020年6月中旬 火星と海王星が大接近

2020/06/10
6月中旬ごろ、未明から明け方の南東の空で、火星と海王星が大接近する。最接近は6月14日ごろ。

天体写真ギャラリー:太陽など75枚

2020/06/09
黒点が出現中の太陽、内合後の金星、木星、土星など。

2020年6月13日 月と火星が接近

2020/06/05
6月13日の未明から明け方、南東の空で月と火星が接近する。

【特集】七夕/伝統的七夕(2020年)

2020/06/05
梅雨の晴れ間に夜空を見上げ、おりひめ星ベガとひこ星アルタイルを探してみましょう。旧暦に基づいた伝統的七夕は、今年は8月25日です。

【特集】火星(2020年10月6日 地球最接近)

2020/06/05
2020年10月6日、約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近します。約6210万kmまで近づく“準”大接近です。火星が星座の中を動いていく様子を追いかけたり、天体望遠鏡で火星の模様を観察したりしてみましょう。最接近の前後だけでなく、2020年の夏前から2021年春ごろまで長期にわたって楽しめます。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

天体写真ギャラリー:惑星など71枚

2020/06/04
土星、銀河など。

矮新星アンドロメダ座PQ、32年ぶりのアウトバースト

2020/06/02
長らく明確なアウトバーストが見られていなかった矮新星アンドロメダ座PQ星が増光し、10等台まで明るくなっている。

2020年6月8日 月と木星が接近

2020/06/02
6月8日の深夜から9日の明け方、南東から南の空で月と木星が接近する。土星も近い。

天体写真ギャラリー:国際宇宙ステーションとクルードラゴンなど74枚

2020/06/01
国際宇宙ステーションとクルードラゴンの光跡、金星、土星、星雲など。

ソニー「星空フォトコンテスト2020」開催

ソニーマーケティングが星、天体を主題としたフォトコンテストを開催。今年はアストロアーツ特別賞も設けられている。応募期間は10月18日まで。
PR

2020年6月6日 半影月食

2020/05/29
6月6日の未明から明け方、地球の半影に月が隠される半影月食が起こる。

天体写真ギャラリー:金星、土星など80枚

2020/05/29
細い金星、木星、土星、彗星など。

2020年6月4日 水星が東方最大離角

2020/05/28
6月4日、夕方の西北西の低空に見えている水星が太陽から最も離れて東方最大離角となる。

天体写真ギャラリー:月・水星・金星の集合など70枚

2020/05/26
24日の細い月と水星、金星の接近、パンスターズ彗星(C/2017 T2)、木星など。

2020年6月の星空ガイド

2020/05/25
主な現象/火星(未明~明け方)、木星・土星(深夜~明け方)/4日:水星が東方最大離角/8~9日:月と木星が接近/13日:月と火星が接近/21日夕方:部分日食

天体写真ギャラリー:「こうのとり」打ち上げなど71枚

2020/05/22
21日の「こうのとり」打ち上げ、金星、スワン彗星(C/2020 F8)など。

【特集】部分日食(2020年6月21日)

2020/05/21
夏至の日の6月21日、夕方16時ごろから18時ごろにかけて、日本全国で部分日食が見られます。台湾などでは金環日食になります。日本の広い範囲で見られる日食は、次回は2030年まで起こりませんので、ぜひとも見たい現象です。