2019年1月下旬 金星と木星が接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月下旬ごろ、未明から明け方の南東の空で金星と木星が接近して見える。最接近は23日ごろ。

星図

1月下旬ごろ、未明から明け方の南東の空で明けの明星の金星と木星が接近する。最接近は1月23日ごろ。

マイナス4等級の金星とマイナス2等級の木星が並ぶ光景は美しく、目を奪われること間違いなしだ。近くに並ぶさそり座のアンタレスを含めた3天体の集合を眺めたり写真に収めたりしてみよう。31日には木星のそばに細い月が接近し、翌2月1日には金星と細い月が大接近する。金星と木星は、11月下旬にも夕方の南西の空で大接近する。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。