AstroArts Topics

ヘッドライン

2019年12月15日 ふたご座流星群が極大

2019/12/13
12月15日、ふたご座流星群の活動が極大となる。12月14日宵から15日の明け方が一番の見ごろだが、月明かりの影響が大きいため数は少なめとみられる。

パーカー・ソーラー・プローブの初期成果、太陽の折れ曲がる磁場や塵の穴を観測

2019/12/12
NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が3回の太陽フライバイで得た最初の科学成果が発表された。

天体写真ギャラリー:金星と土星の接近など63枚

2019/12/12
金星と土星の接近、月、彗星など。

高性能フローライトとカーボン鏡筒 ボーグ「72FL望遠レンズセットCH【6720】」新発売

2019/12/12
高性能フローライトの72FLレンズと、カーボン鏡筒&ドロチューブ、超高精度ヘリコイドのセット。価格275,000円。レンズ単体は143,000円。

日時計キット「時を映す日時計」新発売

2019/12/12
5分ほどで組み立て可能な紙製の日時計キット。価格700円。置いて使うタイプのほか、腕時計タイプ、より詳しい全国対応版もあります。

原始惑星円盤内に見えた滝のようなガスの流れ

2019/12/11
若い星を取り巻く原始惑星系円盤の中で、ガスが滝のように隙間に流れ込んでいる様子が初めて三次元的にとらえられた。ガスの流れは、形成中の惑星によって作られた可能性が高いと考えられている。

2019年12月中旬 金星と土星が大接近

2019/12/11
12月中旬ごろ、夕方から宵の南西の低空で、金星と土星が大接近する。最接近は12月11日ごろ。

「はやぶさ2」地球帰還を開始

2019/12/10
小惑星探査機「はやぶさ2」が12月3日にイオンエンジン加速を開始し、1年後の地球帰還に向けた巡航運用がスタートした。

ビクセン「R200SS 鏡筒 RED 70th Anniversary」受注開始、限定70台

2019/12/10
創業70周年を迎えたビクセン社の記念モデル。限定色のREDで70台限定。価格187,000円。

太陽の400億倍、最重量記録のブラックホール

2019/12/09
巨大銀河「Holm 15A」の中心ブラックホールが太陽の400億倍の質量を持ち、これまでに質量が直接測定されたブラックホールとしては最も重いことがわかった。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

「チャンドラヤーン2号」着陸機の残骸をLROが発見

2019/12/09
インドの月探査機「チャンドラヤーン2号」の着陸機「ヴィクラム」の残骸が、NASAの月探査機LROが撮影した画像から発見された。

天体写真ギャラリー:ボリソフ彗星など95枚

2019/12/09
パンスターズ彗星(C/2017 T2)ボリソフ彗星(2I)、ハート星雲、カリフォルニア星雲など。

オーロラを発生させる高エネルギー電子が大気圏に降り注ぐ仕組みを解明

2019/12/06
ジオスペース探査衛星「あらせ」と地上の大型大気レーダーによるオーロラの同時観測から、地球周辺の宇宙空間で生まれた電磁波が南極と北極上空の深いところまで高エネルギーの電子を降り込ませていることが、世界で初めて明らかにされた。

相馬さんが星食観測への貢献で「ホーマー・ダボール賞」受賞

2019/12/06
国立天文台の相馬充さんが、星食の観測研究で顕著な貢献をした研究者や観測者に贈られる「ホーマー・ダボール賞」を受賞した。

若い星のガス流と星周円盤の不透明さの関係

2019/12/05
生まれたばかりの中質量星では、星周辺の物質の流れが星周円盤内側の不透明度に関係している可能性があることが分光観測から明らかになった。

2020年の天文現象をいつもポケットに 「iOS版 アストロガイド2020」発売

2019/12/05
2020年に起こる様々な天文現象をいつでも調べられる「iOS版 アストロガイド2020」がリリースされました。部分日食、火星最接近、惑星集合に流星群など、2020年も楽しみな天文現象が盛りだくさん。「iOS版 アストロガイド2020」で星空の情報をいつもポケットに持ち歩けます。

天体写真ギャラリー:月面Xなど72枚

2019/12/05
12月4日の月面X、ボリソフ彗星(2I)、散光星雲など。

オリジナルラップクッションがもらえる「Winterセール」開催中! 1月15日まで

2019/12/05
冬の澄んだ夜空のもとでの天体観望や、年末年始の部分日食&半影月食の観察・撮影をサポート。アストロアーツオンラインショップではWinterセールを開催中です。

板垣さん、やまねこ座の銀河に超新星発見、146個目

2019/12/04
山形県の板垣公一さんが11月29日、やまねこ座の銀河に超新星2019vsqを発見した。板垣さんの超新星発見は11月23日以来で今年7個目、通算146個目。

準惑星候補クワーオワーによる恒星食の動画観測に成功

2019/12/03
東大木曽観測所の「トモエゴゼン」によって準惑星候補天体「クワーオアー」による恒星食が観測され、クワーオワーに大気が存在する可能性が低いことが明らかになった。