AstroArts Topics

ヘッドライン

微小重力実験で宇宙ダストの生成を再現

2019/10/11
NASAの観測ロケットを用いた微小重力実験により、高温のガスからケイ酸塩宇宙ダストを模擬した微粒子が生成、成長する過程が測定された。宇宙における物質進化の理解につながる成果である。

「なよろ市立天文台」のプラネタリウムがリニューアル

2019/10/11
北海道名寄市の「なよろ市立天文台『きたすばる』」のプラネタリウムが10月1日にリニューアルした。

12月26日・アラブ日の出金環ツアー&グアム日没金環ツアー

2019/10/11
今年12月26日に起こる金環日食は、金環食帯の両端で晴天率が高いと予想されることから、アストロアーツ/星ナビでは、アラブ首長国連邦で「日の出金環」を見るツアーと、グアム島で「日没金環」を見るツアーの2コースを企画しました。

初期宇宙で初めて見つかった水素ガスの大規模構造「宇宙網」

2019/10/10
アルマ望遠鏡、すばる望遠鏡などの観測により、115億光年離れた宇宙に、銀河同士をつなぐように淡く帯状に広がった水素ガスの大規模構造「宇宙網」が初めて発見された。

「つくばエキスポセンター」移動プラネタリウムにステラドームモバイルを導入

2019/10/10
茨城県「つくばエキスポセンター」の移動プラネタリウムに、アストロアーツのデジタルプラネタリウム「ステラドームモバイル」が新しく導入された。持ち運び用のエアドームの中に「ステラドーム」の宇宙が広がる。

2019年10月20日 ふたご座η星の食

2019/10/10
10月20日の未明、月齢21の月が3等星のふたご座η星プロプスを隠す恒星食が起こる。

天体写真ギャラリー:彗星など60枚

2019/10/10
モンゴル星空ツアーで見た星空、アフリカーノ彗星(C/2018 W2)など。

カレンダー「星空手帖2020」発売

2019/10/10
ひと月ごとに見開きで書き込み欄も付いた手帳タイプのカレンダー。月齢や天文現象のほか巻末付録も充実。定価440円。

カレンダー「星空ごよみ365日 2020」発売

2019/10/10
「星空と月と暮らす」をテーマにした日めくりタイプのカレンダー。20時の南の星空、天文や季節の情報を掲載。定価1,320円。

宇宙論への理論的貢献と系外惑星の発見にノーベル物理学賞

2019/10/09
2019年のノーベル物理学賞は宇宙論への理論的貢献を果たしたJames Peeblesさんと、太陽系外惑星を発見したMichel Mayorさん、Didier Quelozさんに贈られることが発表された。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

南米皆既からアラビア~グアム金環へ「日食情報センター」報告会

2019/10/09
2019年7月2日(現地時刻)に南米を横断した皆既日食の報告と情報交換、および次の日食への勉強の場として、日食情報センターによる報告会が開催されました。

MEADE望遠鏡「ETX-80オブザーバー」など3機種発売

2019/10/09
口径80mm屈折式のアクロマート式望遠鏡。オーディオスターコントローラーで3万個以上の天体を導入可能。価格74,800円。口径90mm/127mmのマクストフカセグレン式望遠鏡も。

エンケラドスの氷粒子から新たな有機物を検出

2019/10/08
探査機「カッシーニ」の観測で、土星の衛星エンケラドスから噴出する氷粒子にアミンや酢酸、アルデヒドなどの有機物が含まれていることが明らかになった。

板垣さん、おおぐま座の銀河に超新星発見、144個目

2019/10/08
山形県の板垣公一さんが9月25日、おおぐま座の銀河に超新星2019qykを発見した。板垣さんの超新星発見は今年5個目、通算144個目。

星間分子雲を模した実験で核酸塩基を初めて生成

2019/10/07
星間分子雲に存在する物質を分子雲に似た極低温の環境で紫外線にさらす実験で、DNAやRNAの材料となる核酸塩基が作られることが初めて確認された。

大型低温重力波望遠鏡「KAGRA」が完成

2019/10/07
2010年から建設が進められてきた日本の大型低温重力波望遠鏡「KAGRA」の完成記念式典が10月4日に開かれた。

天体写真ギャラリー:ボリソフ彗星、アフリカーノ彗星など66枚

2019/10/07
ボリソフ彗星(2I)、アフリカーノ彗星(C/2018 W2)、アンドロメダ座大銀河など。

銀河中心ブラックホールに破壊される星をTESSが初観測

2019/10/04
NASAの系外惑星探査衛星「TESS」で、4億光年彼方の銀河の中心にある超大質量ブラックホールに恒星が破壊される現象が観測された。TESSがこのタイプの現象をとらえたのは初だ。

天体写真ギャラリー:月、銀河など50枚

2019/10/04
月、星雲、銀河など。

「迷人会カレンダー2020 『天ノ詩』」発売

2019/10/04
天体写真撮影集団「大阪あすとろぐらふぃ~迷人会」が制作した卓上カレンダー。価格550円。