【レポート】天文講習会「天体写真画像処理講座 全3回」の第2回目を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月22日(土)、東京・池袋の池袋コミュニティ・カレッジで「天体写真画像処理講座」の第2回目の講座を開催しました。第3回目の講座は12月10日(土)に行います。

【2016年10月28日 アストロアーツ

「アストロアーツ天文講習会」はアストロアーツと池袋コミュニティ・カレッジ共同で開催している講座です。10月22日(土)の午後に、古庄歩さんによる「天体写真画像処理講座(全3回)」の第2回目を行いました。

天体写真画像処理講座は、「ステライメージ7」を購入したもののうまく使いこなせない方や、正しい画像処理方法がわからない方を対象にした講座です。9月に開催した第1回目の講座では、主に天体画像処理の基礎理論について解説しました。今回の第2回目の講座では、ステライメージのダーク・フラット補正、コンポジット、レベル調整、デジタル現像の使い方、トーンカーブ調整、そしてLab色彩調整などを紹介していきました。

講座の前半では機器の不調でプロジェクターを使えないというトラブルもありましたが、なんとか復旧してステライメージを使った実際の処理の様子を紹介することができました。


次回の天文講習会は12月10日(土)に「天体写真画像処理講座(全3回)第3回 画像処理の応用と画像処理ソフトウェア」を行います。

「天体写真画像処理講座(全3回)第3回 画像処理の応用と画像処理ソフトウェア」

日時:
12月10日(土) 13時30分~15時30分
場所:
池袋コミュニティ・カレッジ
講師:
古庄 歩(天文ライター、天体写真コンサルタント)
講習内容:
天体写真に必須の画像処理について、3回に分けて解説します。最終回は、ステライメージを使った処理の追い込みとして、マルチバンドシャープとアンシャープマスクや選択マスクを使ったテクニックなどを紹介します。またPhotoshopのようなステライメージ以外のソフトウェアの連携方法などを解説します。
※全3回の講座ですが3回目だけの受講も可能です

現在、申し込みを受け付け中です。詳しくは「アストロアーツ 天文講習会」のページをご覧ください。多くの方のご参加をお待ちしております。

関連商品

キヤノンとニコンのデジタル一眼レフカメラと望遠鏡を同時に制御できる天体撮影ソフト。準備から撮影までをアシスト。オートガイダーにも対応。

〈参照〉

〈関連リンク〉

関連記事