AstroArts Topics

ヘッドライン

Ic型超新星の前駆星候補を初検出

2018/11/21
Ic型超新星はこれまで、爆発前の天体が特定されたことがなかったが、2017年に近傍の渦巻銀河に出現した超新星の前駆星と推定される天体が、ハッブル宇宙望遠鏡のアーカイブの中からついに発見された。

2018年11月 ウィルタネン彗星が6等前後

2018/11/21
11月ごろから来年1月中旬ごろまで、ウィルタネン彗星(46P)が比較的明るくなると予想されている。11月中は、ろ座からくじら座のあたりで6等前後の見込みだ。

2018年11月 マックホルツ・藤川・岩本彗星が7等台

2018/11/21
11月上旬に発見されたばかりのマックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)が、11月下旬ごろまで明け方の東の空に見えている。明るさは8~7等の見込みだ。

天体写真ギャラリー:火星、彗星、銀河など52枚

2018/11/21
月、火星、マックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)、銀河など。

「2019年ビクセンオリジナル天体カレンダー」発売

2018/11/21
アマチュア天体写真家の応募作品から選ばれた入選作が毎月を飾る定番のカレンダー。天体観測に必要な情報や見どころも紹介。特価1,296円。

赤外線観測で調べたオウムアムアの特性

2018/11/20
赤外線天文衛星「スピッツァー」の観測とモデル計算により得られた、恒星間天体「オウムアムア」の大きさや反射率に関する新たな研究成果が発表された。

こだわり天文書評『宇宙はどこまで行けるか』『ホーキング、最後に語る』など9冊

連載・読み物
2018/11/20
金井三男さんによる『宇宙はどこまで行けるか』『図解 宇宙のかたち』など3冊のレビューと、星ナビ2018年11月号「ほんナビ」の『ホーキング、最後に語る』『天の川が消える日』など6冊のレビューを公開。

英語カレンダー「Astronomy 2019 Calendar」発売

2018/11/20
かに星雲、オリオン座大星雲、プレアデス星団、タランチュラ星雲など、宇宙の彼方にある天体を収録した壁掛けタイプの英語版カレンダー。価格3,000円。

ビクセン「ポラリエ極軸望遠鏡PF-L II」発売

2018/11/20
ビクセン製ポータブル赤道儀「ポラリエ」の極軸望遠鏡。周辺像を改善し星やスケールの視認性が向上。特価25,920円。

天の川銀河を巡る矮小銀河のダンス

2018/11/19
天の川銀河の周りには矮小銀河が数多く存在する。その動きを調べた研究から、未発見の矮小銀河がさらに多数存在する可能性が示唆された。天の川銀河に含まれるダークマターの質量も推算されている。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

コペルニクスとたどる「天文学と印刷」

2018/11/19
東京・文京区の印刷博物館にて、企画展「天文学と印刷」が開催中だ。天文学の歴史を「印刷」という視点から紐解いていく興味深い展示となっている。

【特集】ふたご座流星群(2018年)

2018/11/19
12月14日深夜から15日明け方にかけてが一番の見ごろです。ウィルタネン彗星との共演も見られるかもしれません。寒さ対策を万全に、安全やマナーに気をつけて、ぜひ夜空を見上げてみてください。

2018年11月22日 ジュノーがエリダヌス座で衝

2018/11/19
宵のころ南東の空に見えているエリダヌス座に位置する小惑星ジュノーが、11月22日に衝となる。明るさは約7等級で、双眼鏡や小型の天体望遠鏡で見つけられる。

天体写真ギャラリー:流星、彗星など71枚

2018/11/19
おうし座南流星群の火球、しし座流星群の流星、ウィルタネン彗星(46P)、マックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)など。

太陽系から2番目に近い恒星にスーパーアース候補を発見

2018/11/16
太陽系から6光年の距離に位置する、2番目に近い恒星「バーナード星」の周りに、地球の3倍程度の質量を持つスーパーアースとみられる惑星候補が発見された。

2018年11月24日 ヒヤデス星団食

2018/11/16
11月24日の未明から明け方にかけて、月齢16の月がおうし座のヒヤデス星団の星々を隠す星団食が起こる。

天体写真ギャラリー:月面Xなど74枚

2018/11/16
月面X、流星、マックホルツ・藤川・岩本彗星(C/2018 V1)、ウィルタネン彗星(46P)など。

銀河スケールに広がる壮大なガスの噴水

2018/11/15
銀河団の中心に位置する巨大楕円銀河の中心領域で、超大質量ブラックホールにガスが引き込まれ、それが噴水のように激しく放出されるという一連の様子がはっきりととらえられた。

二重棒渦巻銀河の内側のピーナツ型構造

2018/11/15
内部に二重の棒状構造を持つ渦巻銀河の観測から、内側の棒状構造の中にピーナツ型の構造が初めて発見された。

DVD-VIDEO/ROM付きムック「アストロガイド 星空年鑑 2019」予約受付開始

2018/11/15
2019年の天文現象や星空の様子を紹介したオールカラーのムック。プラネタリウム番組5作品やシミュレーションソフト付き。価格2,700円。予約特典「カレンダー」「ハンドブック」付。