AstroArts Topics

機材・グッズ

「エクリプスナビゲータ4」本日発売!

2019/05/21
日食撮影+シミュレーションソフトウェア「エクリプスナビゲータ4」が、本日5月21日に発売されました。キヤノンとニコンのフルサイズミラーレスに対応したほか、減光フィルター付け外しコマンド呼び出し機能が追加されています。

「エクリプスナビゲータ4」5月下旬発売 キヤノンとニコンのフルサイズミラーレスに対応

2019/05/08
日食シミュレーションソフトウェア「エクリプスナビゲータ4」を5月下旬に発売します。自動撮影ではキヤノンとニコンのフルサイズミラーレスカメラの制御に対応。減光フィルターの制御に応用できる外部コマンド呼び出し機能も搭載しています。

星ナビ6月号は「振り返る平成の天文ニュース」と「都会の空で星雲を撮る」

2019/04/26
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2019年6月号は、令和が始まる翌日5月2日(木)発売です。これを機におよそ30年続いた平成の時代、どんな夜空を見上げ、どんなニュースに心揺さぶられたかを振り返ってみましょう。最後に飛び込んできた文字どおり平成最後の大ニュース「ブラックホールシャドウ」の解説もお見逃しなく。

天文ソフト「ステラナビゲータ11」の体験版を公開

2019/04/12
天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ11」の体験版を公開いたしました。ステラナビゲータのおもな機能を30日間無料でお試しいただくことができます。

日食ソフト「エクリプスナビゲータ3」用日食要素を公開、7月2日南太平洋~南米皆既の月縁補正に対応

2019/04/09
日食シミュレーションソフト「エクリプスナビゲータ3」用日食要素データを無償公開しました。2019年7月2日に南太平洋・チリ・アルゼンチンで見られる皆既日食を、月縁形状を補正して正確に再現します。アストロアーツ/「星ナビ」協賛ツアーも参加者募集中。

「ステラナビゲータ11」11.0bアップデータ公開、安定性の向上など

2019/04/05
天文シミュレーションソフトウェア「ステラナビゲータ11」の11.0bアップデータを公開しました。ステラナビゲータ起動時の安定性を向上させたほか、より快適にお使いいただくための多くの修正・改良が加えられています。

星ナビ5月号は、ISSから撮った「宇宙の星」と「小型鏡筒でダウンサイジング」

2019/04/03
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2019年5月号は、4月5日(金)発売です。天文少年だった宇宙飛行士 油井亀美也さんがISSから撮影した「宇宙絶景」を堪能してください。機材レポートでは、小さくても高性能な小口径望遠鏡の活用を提案します。

赤道儀で星を追いかける「星空写真撮影術」改訂版発売

2019/03/28
2015年発行のムック「星空写真撮影術」の改訂版が発売されました。ポータブル&コンパクト赤道儀を使って星を追尾しながら撮影する「星空写真」について、新たに発売された赤道儀や撮り方の新しい解説などを追加し、よりわかりやすく、より実践的な内容でお届けします。

「ステラナビゲータ11」本日発売!11.0aアップデータも公開

2019/03/22
天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ」の最新版「ステラナビゲータ11」が、本日3月22日(金)に発売されました。また「11.0aアップデータ」も無償公開しました。

星ナビ4月号は「美しく星を滲ませる」と「はやぶさ2」

2019/03/01
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2019年4月号は、3月5日(火)発売です。2月22日にニュースや新聞を賑わせた「はやぶさ2」タッチダウンの一部始終を、臨場感たっぷりにレポート。特集では、様々なソフトフィルターを使って「美しい星の滲みとは」をとことん追求します。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

「ステラナビゲータ11」、3月下旬発売予定!

2019/02/08
天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ」が5年ぶりにバージョンアップ。最新版「ステラナビゲータ11」が3月下旬に発売予定となります。豊富な機能に素早くアクセスできる「ステラパネル」や美しい全天写真、天体データの充実など、機能とビジュアル両面でさらにパワーアップしました。

星ナビ3月号は「はやぶさ2」と「ホメロスの記した星座」

2019/02/01
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2019年3月号は、2月5日(火)発売です。2月後半に「はやぶさ2」が初のタッチダウンに挑戦。ミッションを予習しておきましょう。「ラッキーイメージング」連載2回目は大量コンポジットと良像選別法を解説します。注目の岩本彗星ハイライト情報もあり。

2019年の天文現象をいつもポケットに 「iOS版 アストロガイド2019」発売中

2019/01/09
2019年に起こる様々な天文現象をいつでも調べられる「iOS版 アストロガイド2019」が発売中です。流星群や部分日食、ヒヤデス星団食など今年も楽しみな天文現象が盛りだくさん。「iOS版 アストロガイド2019」で星空の情報をいつもポケットに持ち歩けます。

星ナビ2月号は「私的星空記念写真」と「ラッキーイメージング」

2019/01/07
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2019年2月号は、1月5日(土)発売です。友達と星を見に行った楽しい時間を、星空ごとそのまま切り取るテクニックを紹介。「ディープな天体写真」では、星雲・星団や銀河を撮影する新しい手法を解説しています。日本人による彗星発見のレポートなど、「捜索派」にもおすすめの一冊。

「アストロガイド 星空年鑑 2019」シリアルナンバー不具合について

2018/12/15
「アストロガイド星空年鑑2019」のシリアルナンバーに間違いがありました。封入のナンバーでは付録ソフト「アストロガイドブラウザ2019」をインストールできません。詳細・対処についてご確認ください。

より大きく、より見やすく 星ナビが大判化

2018/12/05
月刊「星ナビ」が2019年1月号から大きくなりました。縦に17mm伸びて画像や図版が見やすく、文字も大きくして読みやすくなりました。

星ナビ1月号は「ゆく年来る年」と「星空ハンドブック2019」

2018/12/03
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2019年1月号は、12月5日(水)発売です。より読みやすく、写真を大きく掲載するため、この号より大判化しています。特集「星のゆく年来る年」で2018年の天文イベントを振り返り、新しい年を迎える準備をしましょう。持ち運びしやすく星見や撮影におすすめの「星空ハンドブック2019」が付録です。

DVD-VIDEO/ROM付きムック「アストロガイド 星空年鑑 2019」予約受付開始

2018/11/15
2019年の天文現象や星空の様子を紹介したオールカラーのムック。プラネタリウム番組5作品やシミュレーションソフト付き。価格2,700円。予約特典「カレンダー」「ハンドブック」付。

星ナビ12月号は「星のアプリ」と「星空カレンダー2019」

2018/11/02
星空を楽しむための月刊「星ナビ」2018年12月号は、11月5日(月)発売です。観望や撮影で、スマホやタブレットで便利に使えるアプリを特集しました。晩秋から冬にかけて訪れる流星群の季節には、流星のスペクトル撮影がおすすめ。毎年好評の「星空カレンダー2019」も付いてます!

「世界の星絶景」シリーズ第5弾の魅力

2018/10/24
星ナビ11月号では、ハワイにベネズエラ、サハラ、オーストラリア、カリフォルニア、ドイツのバイエルン…世界のユニークな風景と美しい星空を楽しめる人気シリーズ「世界の星絶景」第5弾を掲載しています。