【レポート】天文講習会「天体写真画像処理講座2017」の第1回目を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月30日(土)、東京・池袋の池袋コミュニティ・カレッジで「天体写真画像処理講座2017」の第1回目の講座を開催しました。第2回は10月28日(土)に行います。

【2017年10月4日 アストロアーツ

今年も天文ライター・天体写真コンサルタントの古庄歩さんによる「天体写真画像処理講座2017(全3回)」を東京・池袋の池袋コミュニティ・カレッジでリピート開催しています。9月30日(土)に第1回目の講座「天体写真の基礎理論」が行われました。

アストロアーツと池袋コミュニティ・カレッジが共同で開催している天文講習会で、最も受講数が多いのが「天体画像処理」の講座です。昨年も3回にわたって天体写真画像処理講座を開催しましたが、ステライメージのユーザーからの要望も多いため、今年も開催することにしました。

第1回目の講座では天体画像処理の基礎理論を学びました。RAW画像の特徴やヒストグラムの読み取り方、ノイズの種類、ダーク画像の撮影条件やダーク減算、フラットデータの作り方などを解説しました。

アンケートによれば、受講者の9割がステライメージを使っている方で、

  • 「処理の基本が理解できた」
  • 「基本的な考えを理解できた」
  • 「知らないことばかりだった」
  • 「今まであやふやな知識が整理できた」
  • 「ヒストグラムの重要性がわかった」
  • 「資料もわかりやすい」

などの感想がありました。ほとんどの受講者が講座に満足し、天体画像処理の基礎理論を理解して帰られたようでした。


次回の天文講習会は10月28日(土)に「天体写真画像処理講座2017(全3回)第2回 ステライメージ8を使った基本処理」と題して行います。

※第1回の講座を受講されなかった方でも受講できます。

「天体写真画像処理講座2017(全3回)第2回 ステライメージ8を使った基本処理」

日時:
10月28日(土) 13時30分~15時30分
場所:
池袋コミュニティ・カレッジ
講師:
古庄 歩(天文ライター、天体写真コンサルタント)
講習内容:
ステライメージ8の新機能の「コンポジットパネル」と「画像調整パネル」の使い方、「詳細モード」でのチャンネルパレットの使い方、カラーバランスの整え方、ステライメージの独自機能の使いこなしなどを解説します。

現在、申し込みを受け付け中です。詳しくは「アストロアーツ 天文講習会」のページをご覧ください。多くの方のご参加をお待ちしております。

関連商品

キヤノンとニコンのデジタル一眼レフカメラと望遠鏡を同時に制御できる天体撮影ソフト。準備から撮影までをアシスト。オートガイダーにも対応。

関連記事