チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星にアミノ酸やリンを検出

このエントリーをはてなブックマークに追加
探査機「ロゼッタ」の観測により、アミノ酸の一種であるグリシンがチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に見つかった。彗星にグリシンが検出されたのは初めてのことで、彗星などの小天体によって生命の素となる物質が地球へ運ばれた可能性を示す探査結果だ。

【2016年5月30日 ヨーロッパ宇宙機関

ヨーロッパ宇宙機関の彗星探査機「ロゼッタ」が2014年8月から2015年8月までに取得したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)のデータから、アミノ酸の一種であるグリシンが彗星を取り巻くコマの部分に見つかった。

グリシンとリンの計測結果
右上:グリシンの存在を示すスペクトル、右下:リンの存在を示すスペクトル。クリックで拡大(提供:探査機:ESA/ATG medialab、彗星:ESA/Rosetta/NavCam - CC BY-SA IGO 3.0、データ:Altwegg et al. (2016))

グリシンはこれまでに、2006年に彗星探査機「スターダスト」がヴィルト彗星(81P)から地球に持ち帰った塵のサンプル中にも見つかっていたが、塵が地球によって汚染された可能性があったため分析は非常に困難だった。今回はロゼッタに搭載されている質量分光計が、宇宙空間で直接グリシンの存在を複数回検出したという点が大きな成果だ。

「彗星において初めて、間違いなくグリシンが見つかりました。グリシンの前駆体となりうる有機分子も検出されていて、グリシン生成過程の解明ヒントになるかもしれません」(スイス・ベルン大学 Kathrin Altweggさん)。

さらに、DNAや細胞膜の重要な構成要素であるリンも検出されている。

「彗星には太陽系が誕生した45億年前に存在していた原初の物質が閉じ込められていること、それらの物質が彗星によって地球にもたらされた可能性が示されたことにより、わたしたちはロゼッタ・ミッションにおける重要なゴールの一つにたどり着きました。とても喜ばしいことです」(ロゼッタのプロジェクトサイエンティスト Matt Taylorさん)。

〈参照〉

〈関連リンク〉

〈関連ニュース〉

〈関連製品・商品〉