【レポート】「はじめての天体画像処理~シャープで鮮やかな天体写真に~」講習会

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月8日(日)東京・池袋コミュニティ・カレッジで、今年3回目の「はじめての天体画像処理」講習会が開催されました。次回は12月12日(土)に「直前 ふたご座流星群撮影入門」の講習を開催します。

【2015年11月12日 アストロアーツ

11月8日(日)にアストロアーツと池袋コミュニティ・カレッジの共同開催による天文講習会「はじめての天体画像処理~シャープで鮮やかな天体写真に~」を開催しました。

講師は天文ライター、天体写真コンサルタントの古庄 歩氏で、天体画像処理の講習は今年4月25日、6月7日に続き3回目です。今回はコンポジットのテクニック、マスクの作り方・処理のポイント、シャープフィルターのかけ方、ワークフローのテクニックなど、ダーク、フラット補正後の各処理のテクニックを「ステライメージ7」を用いて解説するとともに、Photoshopでの処理方法も紹介しました。

「はじめての天体画像処理」講座の様子 「はじめての天体画像処理」講座の様子
クリックで画像拡大

日曜日の午後ということもあり、過去2回の講習会と比べると受講数はやや少なめでしたが、受講者の半数はこれまでの講習に参加された方でした。また、北海道や香川、兵庫、岐阜、愛知など、遠方から来られている方もいらっしゃいました。1回目と2回目の講習に参加できなかった方からは、ぜひリピートで講習会を開いてほしいという声や、関西での講習会開催を希望される声も聞かれました。


なお、12月の天文講習会は以下の日時と内容で開催いたします。

「流星を撮影してみよう! 直前 ふたご座流星群撮影入門」

日時:
12月12日(土)10時30分~12時30分
場所:
池袋コミュニティ・カレッジ
講師:
谷川 正夫(天文カメラマン)
講習内容:
三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」。今年は極大となる12月15日未明に月明かりがほぼなく、まれに見る好条件です。しかし撮影しようと思っても、流星は一瞬のできごとで思ったようには撮れません。講習では事前の準備として「ステラナビゲータ」を使った構図決め、撮影に必要な機材、撮影のポイント、そして撮影後の画像処理などについて、初めての人にもわかりやすく解説します。

現在、申し込みを受け付け中です。詳しくは「アストロアーツ 天文講習会」のページをご覧ください。

関連商品

キヤノンとニコンのデジタル一眼レフカメラと望遠鏡を同時に制御できる天体撮影ソフト。準備から撮影までをアシスト。オートガイダーにも対応。