X線天文衛星「すざく」が通信不安定に

このエントリーをはてなブックマークに追加
2005年の打ち上げ以来9年間にわたり活躍してきたX線天文衛星「すざく」が、6月1日から間欠的にしか通信できない状態になっている。バッテリーが機能せず電力不足に陥っているようだ。

【2015年6月15日 JAXA

2005年7月10日に打ち上げられたX線天文衛星「すざく」(ASTRO-EII)は、ブラックホールや超新星残骸、銀河団プラズマなど宇宙の高エネルギー天体や現象を観測し、銀河団外縁部に至るX線スペクトルを初めて測定するなど、様々な成果をあげてきた。当初の目標寿命であった約2年の観測期間をはるかに超える約9年にわたってデータを取得し続けてきたが、バッテリーの劣化が進み、バッテリーの使用方法を工夫しながらの運用が続けられていた。

観測を行う「すざく」の想像図
観測を行う「すざく」の想像図(提供:JAXA)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の発表によると、6月1日から、「すざく」の動作状況を知らせる通信が間欠的にしか確立できない状態に陥っているという。通信不良は電力不足によるものと推測されており、状況把握が進められている。

衛星から間欠的に送られてくるデータから推定すると、バッテリーが機能せず、太陽電池パドルに太陽光が当たっている時間しか衛星に電源が入らない状態のようだ。姿勢制御ができておらず、およそ3分間に1回の周期で無制御に回転しているとみられる。

運用チームでは、今後少なくとも1~2か月間は正常観測への復帰を目指し、姿勢の安定と、安定した電源を確保する方法を模索していくという。