X線天文衛星「ひとみ」が通信異常

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月17日に打ち上げられた日本のX線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)が通信異常状態に陥っていることが明らかになった。3月26日の運用開始時に衛星からの電波が正常に受信されず、その後も衛星の状態が確認できていないという。JAXAでは対策本部を設置し、通信の復旧と原因調査を進めている。

【2016年3月28日 JAXA (1)(2)

2016年2月17日に種子島宇宙センターからから打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)は、3月26日午後4時40分頃に運用開始の予定であったが、その時刻になっても衛星からの電波が正常に受信されず、その後も衛星の状態が確認できていない。通信異常の原因は現時点では不明だ。

一方、短時間ではあるものの衛星からの電波を受信できており、宇宙航空研究開発機構(JAXA)では復旧と原因調査に万全を期すための対策本部を27日に設置した。国内外の地上局からは継続的な通信が試みられているが、28日午前11時の時点までに衛星からの電波は受信できておらず、その状態確認ができない状況が続いている。

米国JSpOC(Joint Space Operations Center、国防総省戦略軍統合宇宙運用センター)からは、衛星が複数の物体に分かれている可能性があるとの情報が公表されている。しかし、複数の物体を確認したとされる時刻以降に短時間ではあるものの衛星からの電波を受信できていることから、衛星の通信異常との因果関係を確認中である。

観測を行う「ひとみ」の想像図
観測を行う「ひとみ」の想像図(提供:JAXA)