2020年を目標に「ひとみ」の後継機打ち上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
JAXAは7月14日、打ち上げ2か月後に運用終了となったX線天文衛星「ひとみ」の後継機について、2020年打ち上げを目標に設計・製造する計画を発表した。

【2016年7月19日 JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月14日(木)に開催された宇宙開発利用部会(文部科学省 科学技術・学術審議会)において、2020年を打ち上げ目標としてX線天文衛星「ひとみ」の後継機を設計・製造する計画を発表した。今年2月に打ち上げられた「ひとみ」は、姿勢異常により太陽電池パドルが分離して通信が途絶し、4月に運用終了となっている。

後継機は「ひとみ」と同じく軟X線分光検出器(SXS)を中心とする設計で、早期かつ確実な設計・製造を目的とするため再製作を基本とする方針だ。一方で「ひとみ」の事故を踏まえ、安全を重視した設計の見直しや、人的な運用体制の見直しも徹底して行われる。

日本は1979年からこれまでにX線天文衛星を6機打ち上げており、宇宙の謎の一端を解明する多くの科学的成果を挙げるなど世界のトップランナーとしてX線天文学の分野を牽引してきた。 日本がリードする国際協働プロジェクトとして今年2月に打ち上げられた「ひとみ」には、世界唯一の大型X線天文衛星としての活躍が期待されていた。従来より広帯域かつ10倍以上の感度を持つ検出器を搭載しており、暗黒物質の謎や銀河とブラックホールの共進化の謎に挑む予定だったが、それはかなわなかった。

日本の衛星「すざく」は2015年8月に科学観測を終了している。2016年7月現在運用中のチャンドラ(NASA)やXMMニュートン(ヨーロッパ宇宙機関)は、すでに稼働年数が15年以上と長く、検出器の劣化も見られる。次の大型X線天文衛星計画は、ヨーロッパが主導で計画しているAthena(2028年打上げ目標)までなく、2010年代後半の他波長での大型観測が始まる大事な時期にX線天文学の最も重要な部分が空白期となってしまうことが懸念されている。

世界のX線天文学の将来計画
世界のX線天文学の将来計画(2016年7月現在)。クリックで拡大(提供:JAXA)

「ひとみ」が打ち上げ約1週間後に行った観測では、SXSが要求値を上回る性能を発揮し、銀河団のガスに関する史上初の成果を挙げている(参照:アストロアーツニュース「「ひとみ」が見た、意外と静かな銀河団中心の高温ガス」)。じゅうぶんな対策を施したうえで「ひとみ」後継機の確実な運用と科学成果に期待したい。