2020年7月17日 細い月と金星が並ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
7月17日の未明から明け方、東の空で細い月と金星が並ぶ。アルデバランも近い。

星図

7月17日の未明から明け方、東の空で月齢26の細い月と金星が並んで見える。

地球照を伴った幻想的な細い月と金星の共演は、数ある月と惑星の接近の中でも随一の美しさだ。近くにはおうし座の1等星アルデバランやヒヤデス星団が、上のほうにはプレアデス星団(すばる)もあり、にぎやかな光景となっている。肉眼や双眼鏡で眺めたり、写真に収めたりしてみよう。また、このころには全惑星が明け方の空に見えているので、他の惑星にも目を向けてみたい。月と金星の次回の共演は8月16日

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。