Location:

2月の星空

星座早見
クリックで解説と拡大星図のページへ

宵空にオリオン座やおうし座、ふたご座など冬を代表する星座が勢ぞろいし、南の空から天頂にかけて、色とりどりの1等星が7つも見えている。色や明るさを見比べたリ周りの星々をつないで星座の形をたどったりしてみよう。関東以南では8個目の1等星、全天2位の輝星カノープスも忘れずに見ておきたい。

深夜から明け方にかけては、春から初夏の星座たちが見えるようになる。さらに南東の空に木星、火星、土星が順番に昇ってきて、西の空に沈んでいく冬の星たちに負けない美しさで輝く。とくに注目したいのは今夏に地球と大接近する火星で、今月はさそり座の1等星アンタレスと並んで赤さ・明るさを競い合うように見える。今のうちに見ておくと、夏にかけて火星が星座の中を動いていく様子やどんどん明るくなっていく様子がいっそう楽しめるだろう。寒さ対策を万全にして、宵空も明け方の空も眺めてみよう。

  • □
    最新情報は月刊「星ナビ」で! 読み物やギャラリーも充実
  • □
    本と映像、シミュレーションソフトで1年間の星空を徹底解説!

特集

話題の天文現象などを解説

□カノープスを見よう

冬のお楽しみ、全天2位の輝星。

過去の特集一覧へ

天文学 はじめの一歩

□天文の基礎知識

これだけはおぼえておきたい!
基本的な天文用語と、天体の種類

□メシエ天体ガイド

星雲・星団といえばメシエ天体。全110個を解説

暦・シミュレーション

日の出・日の入り
日の出・日の入り、月の出・月の入り、惑星の出没時刻などを計算できます。
月齢カレンダー
月齢とともにカレンダーを表示します。天体観測の計画にお役立てください。
彗星軌道ビュアー
小惑星軌道ビュアー
彗星/小惑星の軌道要素を入力すると、軌道をJAVAアプレットで表示します。

天体観察・観測入門

天体観察や撮影の入門記事

□デジタル一眼 天体写真入門

冬の定番「オリオン座大星雲」をステラショットで撮影、ステライメージで処理

□双眼鏡の使い方

これから天体観察を始めたい方におすすめです

□流星観測のすすめ

流星を記録に残す、4つの方法

□太陽投影板を使った太陽観測

学校でできる、安全な観測方法