Location:

12月の星空

星座早見
クリックで解説と拡大星図のページへ

毎年12月のお楽しみといえば13日から14日ごろに活動のピークを迎えるふたご座流星群。今年はちょうど満月の時期にあたり条件は悪いが、月から離れた方向を中心に広く空を見渡せば、明るい流れ星が飛ぶかもしれない。防寒をしっかりとして夜空を見上げよう。

宵の東の空には、明るく色鮮やかな冬の星々が見え始めている。7つも輝く1等星は町明かりが多い場所でも見つけられ、その星々を手掛かりにオリオン座などをたどることもできるだろう。

反対の西の空では、日没から19時半ごろまで宵の明星の金星がよく目立つ。とくに3日前後に細い月と並ぶ光景は美しく必見だ。何かと慌ただしい時期ではあるが、短い時間でも星や宇宙を楽しもう。

  • □
    最新情報は月刊「星ナビ」で! 読み物やギャラリーも充実
  • □
    本と映像、シミュレーションソフトで1年間の星空を徹底解説!

特集

話題の天文現象などを解説

□ふたご座流星群

12月13〜14日が一番の見ごろ。満月から離れた方向を中心に空を見上げよう

過去の特集一覧へ

天文学 はじめの一歩

□天文の基礎知識

これだけはおぼえておきたい!
基本的な天文用語と、天体の種類

□メシエ天体ガイド

星雲・星団といえばメシエ天体。全110個を解説します

暦・シミュレーション

日の出・日の入り
日の出・日の入り、月の出・月の入り、惑星の出没時刻などを計算できます。
月齢カレンダー
月齢とともにカレンダーを表示します。天体観測の計画にお役立てください。
彗星軌道ビュアー
小惑星軌道ビュアー
彗星/小惑星の軌道要素を入力すると、軌道をJAVAアプレットで表示します。

天体観察・観測入門

□双眼鏡の使い方

これから天体観察を始めたい方におすすめです

□流星観測のすすめ

流星を記録に残す、4つの方法

□太陽投影板を使った太陽観測

学校でできる、安全な観測方法