岡部隕石、クラウドファンディング支援者募集中!

このエントリーをはてなブックマークに追加
今から60年前の1958年11月26日、畑作業中だった親子のすぐそばに落下した岡部隕石。現在、埼玉県深谷市の落下地点に記念碑を建立するため、クラウドファンディングで資金を募っています。

【2018年9月5日 星ナビ編集部

執筆:前田知絵さん(岡部隕石60年の会)

「星ナビ」2018年10月号記事より抜粋)

埼玉県深谷市で、戦後初めて落下が目撃された隕石「岡部隕石」が、いよいよ11月26日に落下から60年を迎えようとしています。月刊「星ナビ」では、発見者である山﨑政雄さん(80)に語っていただいた当時の経緯や、専門家による落下経路の再検証から従来の推定経路が誤りである可能性が判明したこと、そして59年目にして現れた新たな目撃者などを紹介してきました(2017年5月号9月号参照)。

隕石発見者の山﨑さんご夫妻/天文学会での発表の様子
(左)隕石発見者の山﨑政雄さんと、奥様の美弥子さん。(右)岡部隕石落下の火球経路を再考察し、日本天文学会で発表を行った佐藤幹哉さん(右)と前田さん(2018年3月、千葉大学にて)

現在、埼玉県深谷市の落下地点に記念碑を建立するため、クラウドファンディングで資金「65万円」を募っています。支援1万円以上で、支援者のお名前を一緒に刻んで後世に伝える「記念碑に名前が載る権」がリターンとして付与されます!また、目標金額を上回って100万円を達成した場合は、落下地点に近い埼玉工業大学で11月25日(日)に記念イベントを開催します。

リターン品の詳細、活動報告はウェブサイトでご覧になれます。個人の方はもちろん、全国の天文同好会やサークル、企業の皆様からの暖かいご支援をお待ちしています。

《クラウドファンディング「岡部隕石の落下から60年!記念碑建立とイベントで世代を超えた地域交流を!」》

■ 目標金額:
  • 65万円
  • ※100万円で記念イベント開催
    【登壇予定】渡部潤一さん(国立天文台)/米田成一さん(国立科学博物館)/三河内岳さん(東京大学総合研究博物館)
■ 期間:
  • 9月30日(日)まで
■ 詳細・支援申込:


リターン品は、記念碑に名前が載る権のほか、星ナビの連載「銀ノ星」でおなじみ飯島裕氏による星景写真カレンダー、地元酒造と学生プロジェクトによる銘酒、隕石レプリカなど

〈参照〉

〈関連リンク〉

  • 星ナビ.com:
    • 2017年5月号:古天文よりみち紀行「落下からもうすぐ60年 岡部隕石を伝えたい」 前田さんのレポート記事 PDF本誌紹介ページ
    • 2017年9月号:古天文よりみち紀行「続報 岡部隕石に新たな目撃報告! 落下経路を再々度考察する」 佐藤さんの検証記事 PDF本誌紹介ページ

関連記事