AstroArts Topics

ヘッドライン

「スターパーティーセット ミニポルタ A62SS ポラリエ」新発売

2017/05/02
口径62mm重さ1.8kgの天体望遠鏡「ミニポルタ-A62SS」と「星空雲台ポラリエ」のセット。特価145,940円。

シミュレーションで描き出す、小惑星カリクローを取り巻く環

2017/05/01
小惑星「カリクロー」の周囲に存在する環をコンピュータシミュレーションで再現し、環の物質がカリクロー本体に比べて軽いことや、粒子の重力によって環にさざ波のような構造が生じていることが示された。

太陽圏の形は伸びた彗星状ではなく球状かもしれない

2017/05/01
太陽系を取り囲む太陽圏はこれまで、彗星のように太陽の背後に尾を引いた形状だと考えられてきたが、「カッシーニ」の観測データなどから、球状である可能性が示された。

投稿画像ギャラリー:木星、彗星など157枚

2017/05/01
木星、土星、パンスターズ彗星(C/2015 ER61)、タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)、ジョンソン彗星(C/2015 V2)、夏の星雲、銀河など。

天体写真“らくらく”道場

2017/04/27
天体望遠鏡での天体写真撮影が色々なツールのおかげで身近なものになってきています。

2017年5月7日 ポリマ食

2017/04/27
5月7日深夜から8日未明ごろにかけて、月齢11の月がおとめ座の3等星ポリマを隠す恒星食が起こる。

2017年5月7日 月と木星が接近

2017/04/27
5月7日の夕方から8日の未明、月齢11の月と木星が接近して見える。肉眼や双眼鏡での観察だけでなく、天体望遠鏡で木星の模様や衛星も見てみよう。

「カッシーニ」、最後のタイタン接近完了、いよいよ最終ミッションへ

2017/04/26
NASAの探査機「カッシーニ」は26日からいよいよ、土星と環との間へ突入する最終ミッション「グランドフィナーレ」を開始する。それに先立ち、22日には衛星「タイタン」への最後の接近探査が行われた。

2017年5月6日 みずがめ座η流星群が極大

2017/04/26
5月6日、みずがめ座η流星群の活動が極大となる。明け方に1時間あたり10個程度の出現予想だ。

投稿画像ギャラリー:土星の衛星など63枚

2017/04/26
木星、土星の衛星、ジョンソン彗星(C/2015 V2)など。

星空案内 毎月の天文現象や星座を解説

ハッブル宇宙望遠鏡、打ち上げ27周年

2017/04/25
ハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げから27年目を迎えた。記念日のお祝い画像として、渦巻銀河のペアの画像が公開された。

2017年5月の現象ガイド

2017/04/25
主な現象/全期間:パンスターズ彗星が7等前後、ジョンソン彗星が7等前後/6日:みずがめ座η流星群/7~8日:月と木星が接近、ポリマ食/23日:細い月と金星が接近

71mmフローライトレンズ+微動雲台・三脚「BORG71FL天体フルセットCR【6372】」発売

2017/04/25
口径71mmフローライトレンズの「BORG71FL天体鏡筒セットCR」に、コンパクトな微動雲台とエレベーター付三脚も装備のフルセット。特価211,140円。

塵のハンバーガーで育つ赤ちゃん星

2017/04/24
生まれたての星を取り囲む、ハンバーガーのように見える大量の塵の円盤が真横から撮影された。非常に若い段階の星に塵の円盤ができていることが確認され、円盤の厚み方向の構造が初めて明らかになった。

2017年5月 パンスターズ彗星が7等前後

2017/04/24
5月ごろ、明け方の東の空にパンスターズ彗星(C/2015 ER61)が見える。4月上旬の増光からどのような変化を見せているか注目したい。

2017年5月 ジョンソン彗星が7等前後

2017/04/24
4月下旬から7月下旬ごろまで、ジョンソン彗星(C/2015 V2)が7等前後まで明るくなると予想されている。5月はほぼ一晩中見え条件が良い。

投稿画像ギャラリー:流星など96枚

2017/04/24
4月こと座流星群の流星、木星、ジョンソン彗星(C/2015 V2)、タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)など。

スマホの3DやVR映像を楽しもう!「コスモス 3Dビューアー」発売

2017/04/24
スマホを固定して手軽に3次元映像やVR映像を楽しめる箱形ビューアー。価格1,080円。

生命の兆候探しに最適かもしれないスーパーアース

2017/04/21
40光年彼方の赤色矮星の周りを回るスーパーアースが発見された。ハビタブルゾーンに存在し大気があるとみられ、太陽系外生命の兆候を探すうえでのベストターゲットになるかもしれないと期待されている。

アルマがとらえた太陽系外縁天体2014 UZ224

2017/04/20
太陽から140億km彼方に位置する太陽系外縁天体「2014 UZ224」がアルマ望遠鏡で観測され、大きさが見積もられた。準惑星に分類される可能性があるという。