高速自転が引き起こす木星のオーロラ爆発

このエントリーをはてなブックマークに追加
惑星分光観測衛星「ひさき」による木星のオーロラ爆発の観測から、この現象が木星自身の高速自転によって引き起こされることが初めて示された。

【2015年3月25日 JAXA

地球の1000倍以上という強い磁力を持つ木星では、プラズマ化した衛星イオ由来のガスや太陽風と木星磁気圏との相互作用によって、オーロラが常時発生している。しかしオーロラの突発的増光、いわゆる「オーロラ爆発」は断片的にしか観測されておらず、地球と同様に太陽風が原因でオーロラ爆発が起こるのか、それとも木星自身が原因なのかはわかっていなかった。

JAXAの木村智樹さんらは惑星分光観測衛星「ひさき」で木星を長時間連続で観測し、太陽風が静かなときの木星のオーロラ爆発現象を連続的にとらえることに成功した。これは、オーロラ爆発が木星の磁力と高速自転(10時間周期)によって引き起こされることを示唆している。

さらに、ハッブル宇宙望遠鏡(HST)での詳細な観測から、木星のオーロラ爆発は木星磁気圏全体が急速に活性化することで起こる可能性が高いこともわかった。

「ひさき」(左)とハッブル宇宙望遠鏡が木星のオーロラの謎を解き明かした
「ひさき」(左下)とハッブル宇宙望遠鏡(右下)が木星のオーロラ(極域の青白いリング)の謎を解き明かした(提供:JAXA)

関連商品

天体望遠鏡の像をパソコンに動画や静止画で取り込めるCMOSカメラ。月や惑星の観測や撮影を楽しめます。

〈参照〉

〈関連リンク〉

〈関連ニュース〉

〈関連製品〉