2020年6月6日 半影月食

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月6日の未明から明け方、地球の半影に月が隠される半影月食が起こる。

星図

今年は日本から月食が3回見られるが、いずれも地球の影のうち半影と呼ばれる薄い部分に月が隠される半影月食だ。1月11日に続く2回目が、6月6日の未明から明け方にかけて起こる。食の始まりは2時46分ごろ、食の最大は4時25分ごろ、終わりは6時4分ごろで、どれも全国共通である。

東日本では食の始まりの時点で薄明が始まっており、食の最大になるころに月の入りと日の出を迎えてしまうので、ほとんど月食とはわからないかもしれない。西日本でも空が明るく低空での現象となる(食終了より前に月の入りとなる)ので非常に見づらいが、撮影してみると月の左下がやや暗いのがわかるかもしれない。しっかりと準備を整えて観察してみよう。次回の日本から見える半影月食は11月30日。

月食時の月の高度と、薄明開始時刻、月没時刻

現象 時刻 札幌 仙台 東京 大阪 福岡 那覇
半影食の始まり 2時45.8分 10.7度 14.3度 16.7度 19.9度 23.5度 30.7度
食の最大 4時25.0分 --- --- 1.2度 4.5度 8.6度 14.7度
半影食の終わり 6時04.1分 --- --- --- --- --- ---
薄明開始時刻 1時41分 2時19分 2時38分 3時00分 3時26分 4時07分
月没時刻 4時05分 4時22分 4時33分 4時53分 5時17分 5時45分

高度が「---」は地平線の下を表す(データ出典:NASAステラナビゲータ