2019年6月2日 細い月と金星が接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月2日の明け方、東の低空で月齢28の極細の月と明けの明星の金星が接近して見える。

星図

6月2日の明け方、東北東の低空で月齢28の極細の月と明けの明星の金星が接近して見える。

日の出30分前の金星の高度が約7度、月の高度が約3度と非常に低いので、見晴らしの良い場所で双眼鏡で探してみよう。月齢28の月はかなり見つけづらいが、それだけに見つけられたときの嬉しさも格別だ。月と金星の次回の共演は7月2日。さらにその後の金星は太陽に近づいて見えなくなり、8月13日の外合を経て、10月下旬から11月上旬ごろからは「宵の明星」として夕方の西の空に見えるようになる。

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。

〈関連リンク〉