【レポート】天文講習会「天体写真画像処理講座2017」の第2回目を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月28日(土)、東京・池袋の池袋コミュニティ・カレッジで「天体写真画像処理講座2017」の第2回目の講座を開催しました。第3回は11月25日(土)に行います。

【2017年11月6日 アストロアーツ

好評につきリピート開催をしている、天文ライター・天体写真コンサルタントの古庄歩さんによる「天体写真画像処理講座2017(全3回)」の第2回目が、東京・池袋の池袋コミュニティ・カレッジで10月28日(土)に行われました。

第2回目は9月に開催した第1回目の受講者がほとんどでしたが、昨年の第3回目(2016年12月10日開催)の受講者やこれまでまったく受講したことのない人も加わって、受講者数は46名となりました。

第2回目の講座は「ステライメージ8」を使った基本処理についてでした。「ステライメージ8」では画像の読み込みから選別、ダーク・フラット補正、ホット・クールピクセル除去、RAW現像、階調調整、位置合わせ、コンポジットに至る一連の処理工程が自動化されましたが、それぞれの処理がどういうことを行っているかを第1回目の基礎理論で学習したことを交えながら解説し、新機能のコンポジットパネルの使い方を紹介しました。

受講後に行ったアンケートをみると、画像処理で「階調調整」が難しいと感じている受講者が多いようで、

  • 「レベル調整やトーンカーブ調整の原理や理屈がよくわかった」
  • 「ヒストグラムの見方が理解できた」
  • 「自分が行っている処理が正しいことが確認できた」
  • 「2時間は短い。もう少し講習の時間を長くしてほしい」

という感想がありました。なお受講者の9割がキヤノンとニコンのユーザーで、ニコンユーザーの半数は天体撮影専用の「D810A」を使っていることがアンケートからわかりました。


第3回目の講座「天体写真画像処理講座2017(全3回)第3回 画像処理の応用とその他のソフトウェア」は11月25日(土)に行います。選択マスク機能を使った高度なテクニックなど、ステライメージを使った処理の追い込み、Photoshopとの連携などについて解説する予定です。

※第1回、第2回の講座を受講されなかった方でも受講できます。

「天体写真画像処理講座2017(全3回)第3回 画像処理の応用とその他のソフトウェア」

日時:
11月25日(土) 13時30分~15時30分
場所:
池袋コミュニティ・カレッジ
講師:
古庄 歩(天文ライター、天体写真コンサルタント)
講習内容:
ステライメージのマルチバンドシャープとアンシャープマスク、選択マスク機能を使った高度なテクニックなどを解説。またPhotoshopとの連携では、ステライメージとのファイルの受け渡し方法やレイヤーを使った処理方法を解説。その他の便利な画像処理ソフトなども紹介します。

現在、申し込みを受け付け中です。詳しくは「アストロアーツ 天文講習会」のページをご覧ください。多くの方のご参加をお待ちしております。

関連商品

キヤノンとニコンのデジタル一眼レフカメラと望遠鏡を同時に制御できる天体撮影ソフト。準備から撮影までをアシスト。オートガイダーにも対応。

関連記事