2022年7月30日 みずがめ座δ南流星群が極大

このエントリーをはてなブックマークに追加
7月30日、みずがめ座δ南流星群の活動が極大となる。30日深夜から31日明け方が見ごろ。

星図

7月30日、みずがめ座δ南流星群の活動が極大となる。極大時刻は21時ごろと予測されており、放射点の高度が上がる30日の深夜から31日の明け方が見やすいタイミングとなる。放射点は木星と土星の間あたりにあるが、流れ星は空全体に飛ぶので、なるべく広い範囲を眺めるようにしよう。

新月期なので月明かりの影響がない好条件で観測が可能だ。やぎ座α流星群の活動も同日に極大になるほか、この時期はペルセウス座流星群を含め複数の流星群が活動しているので、空の条件が良いところで1時間あたり15個程度と比較的多くの流れ星が見られるだろう。