2022年1月4日 しぶんぎ座流星群が極大

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月4日、三大流星群の一つに数えられるしぶんぎ座流星群の活動が極大となる。1月4日未明から明け方が見ごろ。

星図

1月4日、しぶんぎ座流星群の活動が極大となる。極大時刻は明け方6時ごろと予測されている。

しぶんぎ座流星群は極大時刻の前後数時間に活動が集中するため、4日未明から明け方が見ごろとなる。月明かりの影響が全くなく、放射点の高度が高い時間帯に極大を迎えるという最高条件なので、大いに期待がもてる。見晴らしが良く空が暗いところでは1時間あたり20個程度は見られるだろう。防寒の準備を万全に整えて楽しもう。

しぶんぎ座流星群は、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群の一つで、うしかい座とりゅう座の境界付近にある放射点を中心として流れ星が流れる。「しぶんぎ座」という星座は今は存在しないが、かつてこのあたりに「へきめんしぶんぎ(壁面四分儀)座」という星座が設定されていたことからこの名前がついている。母天体ははっきりしていない。