2020年6月13日 月と火星が接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月13日の未明から明け方、南東の空で月と火星が接近する。

星図

6月13日の未明から明け方、南東の空で月齢21の下弦前の半月と火星が接近して見える。

10月に地球と最接近する火星は日付が変わるころに昇り、0等級より明るくなっている。地球と最接近する前後だけでなく長期にわたって観察してこそ火星の動きや明るさの変化がわかるので、ぜひ今のうちから見ておこう。また、火星のそばには海王星もある。月が明るいため海王星は双眼鏡でも見えないかもしれないが、宇宙空間で地球・月・火星・海王星が並んでいる様子を想像してみるのも面白いだろう。月と火星の次回の接近は7月12日。

タグ