2019年4月9日 細い月と火星が接近/ヒヤデス星団食

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月9日の夕方から宵、西の空で月齢4の細い月と火星が接近して見える。この月は、おうし座のヒヤデス星団の星々の間を通り過ぎ、ヒヤデス星団食となる。

星図

4月9日の夕方から宵、西から西北西の空で月齢4の細い月と火星が接近して見える。

火星の右下にはプレアデス星団(すばる)が、月と火星の左にはおうし座のアルデバランもあり、4天体が集まって見える光景を楽しめる。肉眼や双眼鏡で観察したり、写真に収めたりしてみよう。火星の明るさは1.5等級でアルデバランよりも暗くなっている。月と火星の次回の接近は5月8日。

また、この月は、おうし座のヒヤデス星団の星々の間を通り過ぎ、ヒヤデス星団食となる。双眼鏡で月を眺めると周囲に星団中の星が見えるだろう。ヒヤデス星団食は7月28日の未明から明け方にも全国的に見られる。

おうし座δ星の潜入・出現位置と時刻 おうし座δ2星の潜入・出現位置と時刻 おうし座δ3星の潜入位置と時刻
おうし座δ・δ2・δ3星の潜入・出現位置と時刻、月の高度(図は上が天の北)。画像クリックで表示拡大

関連商品

手を離した位置で鏡筒がそのまま固定される「フリーストップ式」を採用したポルタII経緯台に口径130mmの反射式鏡筒を搭載した入門者向け望遠鏡。

〈関連リンク〉