より大きく、より見やすく 星ナビが大判化

このエントリーをはてなブックマークに追加
月刊「星ナビ」が2019年1月号から大きくなりました。縦に17mm伸びて画像や図版が見やすく、文字も大きくして読みやすくなりました。

【2018年12月5日 星ナビ編集部

12月5日発売の2019年1月号から「星ナビ」がさらに大きくなりました。11月30日にひと足先に書店発売となった『アストロガイド 星空年鑑 2019』などの天文ムックと同じサイズです。2000年11月発売の創刊号からずっと「日本で一番ワイドな天文雑誌(AB判・タテ260mm×ヨコ210mm)」でしたが、このたび縦にも伸びて「日本で一番大きな天文雑誌(A4変形判・タテ277mm×ヨコ210mm)」になりました。

主な記事や連載の文字を大きく、行間を広くして読みやすいレイアウトにしています。また、天体写真や図版を大きく載せられるため、より印象的な誌面となっています。

サイズ比較
手前から、『星ナビ2018年12月号』『2019年1月号』『アストロガイド 星空年鑑 2019』を並べた様子。画像クリックで表示拡大

文字サイズや行間の比較
連載コーナー「はやぶさ2 ミッションレポート」の誌面。文字が大きくなり、行間も開いたので読みやすい。画像クリックで表示拡大

ギャラリー比較
「星ナビギャラリー」の誌面。写真をより大きく載せられるので、迫力あるレイアウトが可能に。画像クリックで表示拡大

なお、紙の面積が増えたなどの理由から、2月号(1月5日発売)から通常号の定価、および年間定期購読料金を改定することにしました。大きさだけでなく、さらに広い視野から、さらに深い記事を志向していきますので今後ともよろしくお願いいたします。

関連商品

月刊「星ナビ」に連載された藤井龍二氏の「ギリシア神話劇場」を再構成。星空に繰り広げられる神話物語を全20話のまんがで綴ったムックの新版。

タグ

関連記事