2018年7月31日 火星が地球最接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
7月31日、火星が地球と最接近する。約5800万kmまで近づく大接近で、今後しばらくの期間は赤く明るい火星を一晩中観察できる。

より詳しくは「火星特集」をご覧ください。

2018年 火星大接近


星図

7月31日、火星が地球と最接近する。火星はこの時期、一晩中見ることができる。マイナス2.8等級で輝いており、その赤さや明るさがひときわ目立っている。

火星と地球は約2年2か月ごとに接近するが、火星の軌道が楕円であるため最接近時の距離は約6000万kmから約1億kmまで大きく変化する。今回の接近距離は約5800万kmで、いわゆる大接近だ。視直径も約25秒角まで大きくなっているので、天体望遠鏡で模様が見やすい。天体観望会などに参加して、大接近中の姿をじっくり眺めてみよう。

2016年5月31日(前回の最接近)から2020年10月6日(次回の最接近)まで、4年4か月間の地球と火星の動きシミュレーションした動画

2018年3月から12月の火星の動きをシミュレーションした動画

関連商品

天体望遠鏡の像をパソコンに動画や静止画で取り込めるCMOSカメラ。月や惑星の観測や撮影を楽しめます。

〈関連リンク〉

関連記事