速報!アメリカ横断皆既日食

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本時間22日未明、アメリカ合衆国で皆既日食が観測された。アストロアーツ/「星ナビ」協賛の日食ツアーでは天候に恵まれ、多くの参加者が神秘的な光景を満喫した。

【2017年8月22日 アストロアーツ】

アストロアーツではクラブツーリズム、セブンカルチャーネットワークの2社とアメリカ横断皆既日食の観測ツアーを企画し、アストロアーツ/「星ナビ」協賛ツアーを実施した。

クラブツーリズムのツアーの日食観測地はワイオミング州との州境に近いアイダホ州「ドリッグス」。第1接触から第4接触まで雲のないパーフェクトな空の下、100人超の参加者が広い専用グラウンドに展開し、写真撮影やコロナ観察などを楽しんだ。撮影に際しては、アストロアーツの日食撮影+シミュレーションソフト「エクリプスナビゲータ3」を活用いただいている方も多くいらっしゃった。

観測の様子 ピンホール投影
(1枚目)観測の様子。(2枚目)ピンホールで欠けた太陽を投影。クリックで画像拡大(撮影:アストロアーツ 泉水朋寛、ドリッグスにて)

ドリッグスで観測した皆既食の様子(撮影:アストロアーツ 大熊正美、ドリッグスにて)

同ツアーでは宿泊地であるティトンビレッジなどドリッグス周辺でも日食観測が行われたが、すべての場所で快晴に恵まれ、現地の方々との交流などを含めて皆既日食を楽しみ尽くすことができた。

皆既食
皆既食。太陽左下の光点はしし座のレグルスで、皆既中は双眼鏡でコロナとともにはっきりと見えていた(撮影:アストロアーツ 川口雅也(ティトンビレッジにて)+上田敬司(ドリッグスにて))

ティトンビレッジでの風景1 ティトンビレッジでの風景2
ティトンビレッジでの日食観測風景。クリックで画像拡大(撮影:アストロアーツ 川口雅也)

皆既食
オレゴン州の「カニータ・リゾート&スパ」での皆既食(画像処理なしの暫定版)。日食観測を行ったセブンカルチャーネットワークのツアーでも、薄い雲は広がったものの日食をじゅうぶん楽しむことができたとのこと。クリックで画像拡大(撮影:アストロアーツ 上山治貴)

関連商品

2019年の注目の天文現象や毎月の星空のようすを紹介したムック。付録のDVD-VIDEO/ROMにはプラネタリウム番組や「アストロガイドブラウザ」を収録。

関連記事