2016年10月4日 細い月と金星が並ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月4日の夕方から宵、南西の低空で月齢3の細い月と金星が並んで見える。

星図

10月4日の夕方から宵、南西の低空で月齢3の細い月と金星が並んで見える。地球照を伴った幻想的な細い月と金星の共演は、数ある月と惑星の接近の中でも随一の美しさだ。双眼鏡で眺めると、いっそう美しさが際立って感じられるだろう。日の入り30分後の金星の高度は10度未満と低いので、見晴らしが良いところで観察してみよう。地上風景と共に写真に収めるのも面白い。次回の共演は11月3日。また、月は2日後には土星と接近する

関連商品

天体望遠鏡の像をパソコンに動画や静止画で取り込めるCMOSカメラ。月や惑星の観測や撮影を楽しめます。

タグ

〈関連リンク〉