10月24日と11月8日に天文講習会「都市星景写真」「天体画像処理」

このエントリーをはてなブックマークに追加
10月24日(土)と11月8日(日)に東京・池袋で天文講習会を開催します。月刊「星ナビ」でおなじみのスペシャリストが、「都市星景写真」の撮影テクニックや「ステライメージ7」を使った天体画像処理について解説します。

【2015年10月9日 アストロアーツ

アストロアーツは10月24日(土)と11月8日(日)に、池袋コミュニティ・カレッジ(東京都豊島区)にて「天文講習会」を開催します。10月24日の講習会は「都市星景写真入門 ~比較明合成で夜景とともに星空を撮る~」で、講師は天体写真家の中西昭雄氏。また、11月8日の講習会は「はじめての天体画像処理 ~シャープで鮮やかな天体写真に~」で、講師は天文ライター/天体写真コンサルタントの古庄歩氏が担当します。各講習会の詳細や申し込みについては以下でご確認ください。

なお、会場では「デジタルカメラ星景写真撮影術」「デジタルカメラ星空写真撮影術」などのムックや、天体画像処理ソフト「ステライメージ7」、天体撮影ソフト「ステラショット」などを特価販売いたします。


都市星景写真入門

講座名:
「都市星景」写真入門 ~比較明合成で夜景とともに星空を撮る~
講座内容:
“大都会の夜景と星空をいっしょに撮る”~フィルム時代には不可能だったことが写真合成方法の一種である「比較明合成」により可能となり、「都市星景写真」という新しい天体写真のジャンルができました。講座では、これから都市星景写真を始めてみたい人向けに、素材となる夜景や星の軌跡の撮影のポイント、比較明合成の処理手順についてわかりやすく解説します。
※テキストとしてムック「天体写真撮影テクニック 都市星景撮影術」(編集/発行:アストロアーツ 販売:KADOKAWA)を使用します。各自書店等にてご用意のうえ当日お持ちいただくか、「教材有」料金(教材費2,000円(税込)が追加)でお申し込みください
講師:
中西昭雄(なかにし あきお):天体写真家。小学生の時から星に興味をもつ。大学在学中にコマーシャルフォトグラファーのアシスタントを務め、卒業後約10年間の企業勤めを経て独立。微弱光撮影装置と天体写真撮影の会社、(有)ナカニシイメージラボを立ち上げる。著書多数
日時:
2015年10月24日(土) 10:15~12:15
場所:
池袋コミュニティ・カレッジ (東京都豊島区 西武池袋本店別館8・9階)
受講料:
一般:7,084円(税込)/池袋コミュニティ・カレッジ会員:6,544円(税込)
申し込み:
「池袋コミュニティ・カレッジ」(※外部サイト)にてお申し込みください

画像処理入門

講座名:
はじめての天体画像処理 シャープで鮮やかな天体写真に
講座内容:
シャープで鮮やかな天体写真の表現方法とは何か? ステライメージのどの機能をどの順番で使えばいいのか、悩みはつきません。4月、6月に続き3回目となる画像処理入門では、コンポジットのテクニック、マスクの作り方・処理のポイント、シャープフィルターのかけ方、ワークフローのテクニック、Photoshopとの連携など、ダーク、フラット補正後の処理テクニックを「ステライメージ7」を用いて解説します。
※ノートPCの持ち込みは必須ではありません。持参していたければ実際に画像処理を実践できますが、操作レクチャーの講座ではないことをあらかじめご了承ください
講師:
古庄 歩(ふるしょう あゆむ):天文ライター/天体写真コンサルタント。2004年に天体写真用のダーク減算ソフトRAPを開発し、デジタルカメラによる天体写真普及の一翼を担う。天文誌に画像処理・撮影技術の記事を多数寄稿し、天体機材のアドバイザーも務める
日時:
2015年11月8日(日) 13:30~15:30
場所:
池袋コミュニティ・カレッジ (東京都豊島区 西武池袋本店別館8・9階)
受講料:
一般:7,084円(税込)/池袋コミュニティ・カレッジ会員:6,544円(税込)
申し込み:
「池袋コミュニティ・カレッジ」(※外部サイト)にてお申し込みください

関連商品

星を追尾して点像で撮影できるビクセンのポータブル赤道儀。星と風景を一緒に写し込む「星景写真」の撮影に威力を発揮。