接近探査まで3か月、冥王星と衛星カロン

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年7月に冥王星に接近する探査機「ニューホライズンズ」がとらえた、冥王星と衛星カロンのカラー画像が公開された。

【2015年4月16日 New Horizons

NASAの探査機「ニューホライズンズ」は2006年に打ち上げられ、目標天体の冥王星とその衛星カロンを目指して長い旅を続けてきた。9年半の旅の末、今年7月14日に冥王星に最接近し、冥王星のそばを通過しながら観測を行う予定だ。そのニューホライズンズが今月9日に撮影した、冥王星とカロンのカラー画像が公開された。

冥王星とカロン
冥王星(大きい点)と衛星カロン(提供:NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Southwest Research Institute)

撮影時、冥王星からニューホライズンズまでの距離は約1億1500万kmで、これは地球から太陽までの距離(約1.5億km)よりも近い。この距離から撮影しても冥王星とカロンは単なる明るい点のようにしか写っていないが、探査機を正確に冥王星との最接近ポイント(冥王星表面からわずか1万2500km)へと導くうえで重要なデータとなる。

ニューホライズンズは冥王星の大気や表面の様子を探査するほか、カロンの大気の有無などを調べる。また、計画が始まった2001年には見つかっていなかった他の4つの衛星(ニクス、ヒドラ、ケルベロス、ステュクス)の調査や、他にも衛星がないかどうかを探す予定だ。

さらに、冥王星を通り過ぎた後にも、太陽系外縁天体を探査する計画になっている。「この歴史的ミッションから得られた成果で、私たちは教科書を『書き換える』のではありません。一から書き起こすのですよ」(プロジェクトチームのHal Weaverさん)。